スポンサーリンク

【2018/1/21】アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ) 結果

レース結果レース回顧
スポンサーリンク

こんにちは、財布が局所的寒波に見舞われている

たいらーです。

 

アメリカジョッキーズクラブカップの結果と、データを振り返っていきたいと思います。

 

 

 

1. 結果

 

馬名性齢斤量騎手タイム
167ダンビュライト牡455Mデムーロ2:13.3
233ミッキースワロー牡456横山典弘2:13.6
379マイネルミラノ牡856柴田大知2:13.7
 466ディサイファ牡956蛯名正義2:13.8
 5811トーセンビクトリー牝654田辺裕信2:14.0
678(地)ショウナンバッハ牡756戸崎圭太2:14.1
711レジェンドセラー牡455Cルメール2:14.5
 822トミケンスラーヴァ牡856江田照男2:14.9
 844シホウ牡756吉田隼人2:15.2
 10810マイネルディーン牡956三浦皇成2:15.9
1155ゴールドアクター牡757武豊2:16.0

 

単勝7390円馬単7-31,120円
複勝7140円ワイド3-7220円
3120円7-92,060円
9680円3-91,730円
枠連3-6450円3連複3-7-96,440円
馬連3-7460円3連単7-3-924,620円

 

 

2. 収支

 

買い目

ワイド:③-⑧ 1000円
馬連:③-⑧ 1000円
⇒ハズレ

 

軍資金:5,000円
支出:2,000円
収入:0円

残金:3,000円

黙ってMデムーロを買ってればいいでしょうかね(笑)

スローになることは想定していても、マイネルミラノとタンビュライトがそれぞれ離して回っていたので、差し馬は脚が溜まりきりませんでしたね。

ミッキースワローは、思っていたよりも早めにスパートをかけざるを得ませんでした。

3-1. 人気・配当

 

1番人気 2-1-0-7/10
2番人気 3-2-2-3/10
3番人気 1-1-3-5/10
4番人気 2-0-1-7/10
5番人気 1-1-0-8/10
6番人気 0-1-2-7/10
7番人気 1-1-2-6/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-2-0-8/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-1-0-9/10
12番人気 0-0-0-8/8
13番人気 0-0-0-7/7
14番人気 0-0-0-5/5
15番人気 0-0-0-5/5
16番人気 0-0-0-5/5
17番人気 0-0-0-2/2

 

1着、2着は2番人気 -> 1番人気で決まりましたので、大よそデータどおりとなりました。

今回のように、いったいったで決まることもあるようで、人気薄なら逃げ馬を押えた方がよいでしょう。

 

 

3-2. 前走距離・レース

1400m 0-0-0- 2
1600m 0-0-0- 4
1800m 0-1-2-12
2000m 4-7-4-42
2200m 0-0-2-11
2400m 0-0-1- 5
2500m 4-2-1-17
2600m 0-0-0- 2
3000m 0-0-0- 8
3200m 1-0-0- 0
3600m 1-0-0- 9

 

タンビュライトとマイネルミラノの前走は2000m。ミッキースワローは3000m。

3000mのデータはよろしくないですが、ミッキースワローの場合は菊花賞で、データサンプルとしては少なく、当時の集計では 0-0-0-1。

他は万葉Sで0-0-0-7でした。

 

このあたり、今後は前走の格も注意して見るようにしたいです。

 

 

3-3. 年齢別

4歳 0-2-2-12/16
5歳 4-0-3-22/29
6歳 3-1-3-30/37
7歳 3-3-1-23/30
8歳 0-4-1-11/16
9歳 0-0-0-11/11
10歳 0-0-0-2/2
11歳 0-0-0-1/1

 

データ的には4歳馬不利でしたが、今年は評判どおり明け4歳、特にクラシックに出るクラスの馬は強い。

 

 

3-4. 枠番

1枠 0-1-2-12/15
2枠 1-0-2-12/15
3枠 4-0-0-11/15
4枠 1-1-2-13/17
5枠 1-3-2-12/18
6枠 3-3-0-14/20
7枠 0-1-1-18/20
8枠 0-1-1-20/22

 

1着が6枠、2着が3枠と今年はデータどおりに。

この偏りは、今はよく理解しておりませんが、気には留めておきたいデータです。

 

単純に中ほどの枠がレースしやすいということでしょうか。

 

 

4. 今後に向けて

枠は内・外枠は割引。

脚質にもよるでしょうが、立ち回りが重要となる中山では、外を回ったり塞がれにくい真ん中の枠がよさそう。

 

年齢については、データほど気にする必要はなし。それよりも世代間の力関係を読み解く必要があるようです。

前年のデータをしっかり見るようにしたいと思います。