【2018/1/22】東海ステークス(GⅡ) 結果

レース結果レース回顧
スポンサーリンク

こんにちは、まだ光の見えない

たいらーです。

 

東海ステークスの結果と、データを振り返っていきたいと思います。

 

 

 

1. 結果

 

馬名性齢斤量騎手タイム
148テイエムジンソク牡656古川吉洋1:51.8
 236コスモカナディアン牡556丹内祐次1:51.9
323モルトベーネ牡656秋山真一郎1:52.9
 435サンマルデューク牡956岡田祥嗣1:52.9
5815クインズサターン牡556池添謙一1:53.0
 6714(外)ゴールデンバローズ牡656松山弘平1:53.1
7510オールマンリバー牡656藤岡康太1:53.1
 8611アスカノロマン牡756太宰啓介1:53.2
859ディアデルレイ牡756勝浦正樹1:53.5
 10713サングラス牡756酒井学1:53.5
 1147タガノエスプレッソ牡656北村友一1:53.5
 1211ローズプリンスダム牡455木幡巧也1:53.5
13612ドラゴンバローズ牡656和田竜二1:53.6
 14816ショウナンアポロン牡856丸田恭介1:54.4
 1512(地)シャイニービーム牡656中谷雄太1:55.7
 1624サルサディオーネ牝453丸山元気1:55.8

 

単勝8130円馬単8-65,530円
複勝8110円ワイド6-81,600円
6970円3-8500円
3320円3-69,940円
枠連3-42,970円3連複3-6-814,690円
馬連6-84,260円3連単8-6-349,170円

 

 

2. 収支

 

買い目

ワイド:⑧-⑮ 1000円
三連単:⑧-⑮-③、⑧-③-⑮ 各500円
⇒ハズレ

 

軍資金:7,000円
支出:2,000円
収入:0円

残金:5,000円

 

軸は堅いのは、みなさんも分かっていたことだと思いますが、相手が抜け的中ならず。

結果論ですが、モルトベーネとのワイドを押えておくべきでした・・・。

 

 

3-1. 人気・配当

 

1番人気 3-0-2-0/5
2番人気 0-1-0-4/5
3番人気 0-1-1-3/5
4番人気 2-0-0-3/5
5番人気 0-0-0-5/5
6番人気 0-0-0-5/5
7番人気 0-0-0-5/5
8番人気 0-1-1-3/5
9番人気 0-1-0-4/5
10番人気 0-0-1-4/5
11番人気 0-0-0-5/5
12番人気 0-1-0-4/5
13番人気 0-0-0-4/5
14番人気 0-0-0-4/5
15番人気 0-0-0-3/5
16番人気 0-0-0-3/5

 

今回はテイエムジンソクが抜けた存在でしたが、このレースは、今後も1番人気が中心になりそう。

 

3-2. 前走距離・レース

1400m 0-0-0- 1
1600m 0-0-0- 2
1800m 2-4-5-37
1900m 0-0-0- 1
2000m 3-1-0-12
2100m 0-0-0- 2
2400m 0-0-0- 1
2500m 0-0-0- 2
3000m 0-0-0- 1

 

上位3頭とも、前走は1800mでした。

特に前走がチャンピオンズCの場合、着外という理由で切ってしまうのは禁物のようです。

 

 

3-3. 年齢別

4歳 1-0-1-8/10
5歳 3-2-3-9/17
6歳 0-0-1-19/20
7歳以上 1-3-0-23/27

 

テイエムジンソクとモルトベーネは、6歳馬。

コスモカナディアンは5歳馬。

 

今更ですが、コスモカナディアンは川崎記念の3着があったのですね。

重賞実績があれば、あまり年齢は関係ないようです。

 

 

3-4. 枠番

1枠 0-0-0-8/8
2枠 0-1-1-6/8
3枠 0-0-2-7/9
4枠 2-0-0-7/9
5枠 1-1-1-7/10
6枠 0-1-0-9/10
7枠 1-1-1-7/10
8枠 1-1-0-8/10

 

予想のときと真逆になってしまいましたが、4枠 -> 3枠 -> 2枠の順。

4枠が強くて、1枠は割引傾向があるようですね。

 

 

4. 今後に向けて

実績重視で考えるのがベター。

前走については、格の高いGⅠ経由であれば、着順に関わらず、ある程度マークは必要。

 

昇り馬やオープン特別でしか好走していない馬にとっては、敷居の高いレースといえそうです。