【関屋記念など】8/11・12の結果

レース結果レース回顧
スポンサーリンク

こんにちは、たいらーです。

8/11・12の結果です。

 

 

 

 

1. 収支

8月の収支

 

 

2. 結果

関屋記念

馬名性齢斤量騎手タイム
1712プリモシーン牝351.0北村宏司1:31.6
2610ワントゥワン牝554.0Mデムー1:31.6
334エイシンティンクル牝554.0和田竜二1:31.8
4814ヤングマンパワー牡657.0大野拓弥1:32.0
558ロードクエスト牡556.0三浦皇成1:32.1
646リライアブルエース牡556.0戸崎圭太1:32.2
759チェッキーノ牝554.0杉原誠人1:32.5
823スターオブペルシャセ556.0内田博幸1:32.9
911ベルキャニオン牡756.0石橋脩1:33.1
1035ショウナンアンセム牡556.0田辺裕信1:33.1
1122フロンティア牡353.0福永祐一1:33.2
12713ウインガニオン牡658.0津村明秀1:33.2
13611チャンピオンルパン牡756.0石川裕紀1:33.4
14815ロッカフラベイビー牝654.0柴田善臣1:33.4
1547ジョーストリクトリ牡456.0田中勝春1:33.7
単勝12410円馬単12-103,890円
複勝12180円ワイド10-12900円
10280円4-12720円
4230円4-101,460円
枠連6-71,490円3連複4-10-125,450円
馬連10-122,540円3連単12-10-422,570円


買い目

3連複ボックス:②⑥⑧⑩⑪⑫ 各100円

計:2,000円

⇒ ハズレ

 

もう少しペースは速くなるかと思っていましたが、それでも流れた方でしょうか。

本命のワントゥワンは後方待機ながらも直線では良い脚を使いましたが2着。

勝ったプリモシーンとは位置取りと斤量の差だと思います。

 

このまま夏競馬を連戦するのかマイルCSを狙うのか分かりませんが、個人的には夏はここで一休みしてマイルCSを狙ってほしいですね。

マイル路線は混戦状態なので、穴馬として期待しています。

 

 

エルムS

馬名性齢斤量騎手タイム
158ハイランドピーク牡456.0横山和生1:42.0
222(外)ドリームキラリ牡656.0藤岡佑介1:42.2
333ミツバ牡657.0松山弘平1:42.5
469ロンドンタウン牡557.0蛯名正義1:42.5
534アンジュデジール牝455.0横山典弘1:42.8
611[地]リッカルドセ756.0Cルメー1:43.1
7712ブラゾンドゥリス牡656.0丹内祐次1:43.2
8711ディアデルレイ牡756.0勝浦正樹1:43.5
9813モルトベーネ牡656.0秋山真一1:43.5
1045ノーブルサターン牡456.0池添謙一1:43.6
11610メイショウスミトモ牡758.0古川吉洋1:43.6
1257アルタイル牡656.0小崎綾也1:43.6
1346リーゼントロック牡756.0松岡正海1:44.5
14814モンドクラッセ牡756.0柴山雄一1:47.6
単勝8410円馬単8-22,320円
複勝8150円ワイド2-8440円
2150円3-8320円
3130円2-3360円
枠連2-51,160円3連複2-3-81,450円
馬連2-81,270円3連単8-2-37,700円


買い目

3連複1頭軸流し:⑧-④⑤⑥⑨ 各100円

計:600円

⇒ ハズレ

 

終始、前を見るかたちで競馬をしたハイランドピークが優勝。

あの競馬ができるなら、今後の重賞戦線でも活躍できるのではないでしょうか。

 

横山和Jにとってこれが重賞初勝利となったわけですが、人馬ともに若手の頑張りが見れるのも夏競馬の醍醐味ですね。

秋に向けて飛躍してほしいものです。

 

 

3. 次の重賞

今週は豪華顔ぶれの札幌記念と、荒れるイメージが強い北九州記念。

どちらも配当的に面白そうで、今年のお盆はどこにも行かず馬券対策ですね。

 

<主な重賞>

・札幌記念(GⅡ)

・北九州記念(GⅢ)