競馬を「考える」ブログ

【天皇賞(春)など】4/28・29の結果

2018/09/07
 
レース結果

こんにちは、たいらーです。

 

4/28・29の結果です。

 

 

 

 

1. 収支

4月の収支

 

今年初めてのプラス収支です。

誇れるような数字ではありませんが、これまでのことを考えれば良しとしましょう。

 

やはり、単複勝負は成績が安定しますね。

大きくは儲かりませんが(笑)

 

 

2. 結果

青葉賞

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 5 9 ゴーフォザサミット 牡3 56.0 蛯名正義 2:24.4
  2 7 15 エタリオウ 牡3 56.0 石橋脩 2:24.7
3 5 10 スーパーフェザー 牡3 56.0 福永祐一 2:24.7
  4 8 17 モンテグロッソ 牡3 56.0 北村宏司 2:25.0
5 6 11 トラストケンシン 牡3 56.0 柴田大知 2:25.0
6 8 18 サトノソルタス 牡3 56.0 Mデムー 2:25.0
  7 4 7 ミッキーポジション 牡3 56.0 横山典弘 2:25.1
  8 6 12 ダノンマジェスティ 牡3 56.0 内田博幸 2:25.2
  9 1 1 カフジバンガード 牡3 56.0 古川吉洋 2:25.2
  10 3 6 ディープインラヴ 牡3 56.0 岩田康誠 2:25.5
11 4 8 オブセッション 牡3 56.0 Cルメー 2:25.8
12 7 13 ノストラダムス 牡3 56.0 和田竜二 2:25.9
  13 2 3 スズカテイオー 牡3 56.0 田辺裕信 2:26.3
  14 1 2 ユウセイフラッシュ 牡3 56.0 三浦皇成 2:26.6
  15 7 14 テトラルキア 牡3 56.0 柴田善臣 2:26.6
  16 3 5 マイネルサリューエ 牡3 56.0 松岡正海 2:27.6
  17 8 16 クレディブル 牡3 56.0 大野拓弥 2:27.6
  18 2 4 ダブルフラット 牡3 56.0 戸崎圭太 2:28.1
単勝 9 1,460円 馬単 9-15 19,390円
複勝 9 320円 ワイド 9-15 2,810円
15 410円 9-10 890円
10 150円 10-15 1,080円
枠連 5-7 1,710円 3連複 9-10-15 10,910円
馬連 9-15 10,940円 3連単 9-15-10 101,530円

 

買い目

単勝:⑨ 900円
計:900円

⇒ 的中!

青葉賞の的中馬券

 

ゴーフォザサミットは、位置取りが上手くいきました。

ダービーで勝負になるかは微妙ですが、ヒモとしてはありだと思います。

 

 

天皇賞(春)

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 6 12 レインボーライン 牡5 58.0 岩田康誠 3:16.2
2 6 11 シュヴァルグラン 牡6 58.0 Hボウマ 3:16.2
3 4 8 クリンチャー 牡4 58.0 三浦皇成 3:16.3
  4 1 1 ミッキーロケット 牡5 58.0 和田竜二 3:16.4
  5 1 2 チェスナットコート 牡4 58.0 蛯名正義 3:16.5
  6 8 15 トーセンバジル 牡6 58.0 Mデムー 3:16.7
  7 8 16 スマートレイアー 牝8 56.0 四位洋文 3:16.8
8 7 14 アルバート 牡7 58.0 Cルメー 3:16.8
  9 2 3 シホウ 牡7 58.0 浜中俊 3:17.2
  10 3 5 ヤマカツライデン 牡6 58.0 松山弘平 3:17.3
  11 7 13 トウシンモンステラ 牡8 58.0 国分恭介 3:17.4
12 5 10 サトノクロニクル 牡4 58.0 川田将雅 3:17.5
  13 5 9 ソールインパクト 牡6 58.0 福永祐一 3:18.0
  14 3 6 ガンコ 牡5 58.0 藤岡佑介 3:18.1
  15 4 7 ピンポン 牡8 58.0 宮崎北斗 3:18.2
  16 2 4 カレンミロティック セ10 58.0 池添謙一 3:18.4
  17 8 17 トミケンスラーヴァ 牡8 58.0 秋山真一 3:24.9
単勝 12 600円 馬単 12-11 2,510円
複勝 12 190円 ワイド 11-12 400円
11 140円 8-12 810円
8 240円 8-11 530円
枠連 6-6 1,020円 3連複 8-11-12 2,060円
馬連 11-12 1,030円 3連単 12-11-8 11,650円

 

買い目

単勝:⑩ 1,000円
複勝:⑩ 1,000円
馬連:⑩‐⑪⑭ 各500円
計:3,000円

⇒ ハズレ

 

サトノクロニクルや他の馬がが道中動いたことでレースが動き、ペースチェンジに付いていけなくなった印象。

早い話、自滅です。スタート後の位置取りがもっと前なら、結果は少し変わっていたかもしれません。

 

勝ったレインボーラインは、騎手の剛腕ぶりが印象的でした。

いろいろ叩かれる岩田Jですが、ああいった競馬ができるのは彼くらいな気がします。

馬は早くターフに戻ってきてほしいものです。

 

 

3. 次の重賞

今週は3重賞。

GⅠのNHKマイルも気になりますが、京都新聞杯も気になります。

ダノンプレミアムを除けば、3歳世代の力の差はそれほどないようなので、ここからダービーを狙える馬が出てくるか注目したいです。

 

・新潟大賞典(GⅢ)

・京都新聞杯(GⅡ)

・NHKマイル(GⅠ)

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.