スポンサーリンク

【競馬場】阪神競馬場の特徴

コース
スポンサーリンク

阪神競馬場の特徴をまとめてます。

 

 

 

以下の情報を掲載しています。

多少、主観も入っていますが、参考になれば幸いです。

 

・競馬の全体的な傾向

・競馬場ごとの特徴

・含水率

 

 

1.全体的な傾向

・野芝はスピード重視、洋芝はパワー重視。

・開幕週は、馬場状態が良いので、前に行ける馬や内枠が有利。

・ダートは馬場が悪くなるとスピードが出やすいく、先行有利になる。

・コーナーの周回が多い距離(だいたい2000m以上)では、距離ロスの少ない内枠や先行が有利。

 

 

2.特徴

単位(m)直線高低差芝質
長さ
473.62.3オーバーシート
356.51.8オーバーシート
ダート352.51.5

 

<芝>

・ゴール前に坂があるため、ペースが激化すれば差しが決まりやすい。

・内回り(芝1200mなど)は先行馬が有利な傾向。器用さが求められる。

・外回り(芝1600mなど)は速い上がりが使える馬が有利な傾向。

 

<ダート>

・ダ1200mは基本的に前が有利でも、直線の急坂がある分、時計が速くなれば差しも決まる。

・ダ1400mではペースが速くなることが多く、差しが決まる。

 

 

3.含水率

<2018年> 

開催日付ダート
発表含水率(%)発表含水率(%)
ゴール前4コーナーゴール前4コーナー
第4回前日2018/9/710.313.214.612.9
第1日2018/9/812.213.2不良16.714.8
第2日2018/9/9稍重10.813.61514.5
前日2018/9/149.712.910.512.5
第3日2018/9/15稍重10.313.913.315.4
第4日2018/9/1610.512稍重11.211.5
第5日2018/9/178.911.56.36.5
前日2018/9/211311.818.419
第6日2018/9/2214.612.2不良18.119
第7日2018/9/2310.99.3稍重12.711.6
前日2018/9/2810.2912.112.2
第8日2018/9/2913.111.6不良17.317.6
第9日2018/10/210.99.8稍重11.711.2