スポンサーリンク

【競馬場】函館競馬場の特徴

コース
スポンサーリンク

函館競馬場の特徴をまとめてます。

 

 

 

以下の情報を掲載しています。

多少、主観も入っていますが、参考になれば幸いです。

 

・競馬の全体的な傾向

・競馬場ごとの特徴

・含水率

 

 

1.全体的な傾向

・野芝はスピード重視、洋芝はパワー重視。

・開幕週は、馬場状態が良いので、前に行ける馬や内枠が有利。

・ダートは馬場が悪くなるとスピードが出やすいく、先行有利になる。

・コーナーの周回が多い距離(だいたい2000m以上)では、距離ロスの少ない内枠や先行が有利。

 

 

2.特徴

単位(m)直線高低差芝質
長さ
262平坦3.4洋芝
ダート260平坦3.4

 

<芝>

・上がりのかかる洋芝が特徴。先行力とパワーが求められる。

・同じ洋芝でも札幌よりコース全体の高低差があるため、特に長距離はスタミナが必要。

・芝2600mは特殊な条件なためか、適性の差が出やすい。過去の実績は要チェック。

 

<ダート>

・ダ1000m、ダ1700mでは圧倒的に逃げ&先行有利。

・ダ2400mではアップダウンがあるため消耗戦になり、逃げ切るのは困難。

 

 

3.含水率

<2018年> 

・データなし