スポンサーリンク

【阪急杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

阪急杯の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ミスターメロディ
2ロジクライ
3スターオブペルシャ
4リナーテ
5ダイアナヘイロー
6レッツゴードンキ
7ダイメイフジ
8タイムトリップ
9ラインスピリット
10ロードクエスト
11コウエイタケル
12リライアブルエース
13リョーノテソーロ
14アドマイヤゴッド
15ヤングマンパワー
16トウショウピスト
17エントシャイデン
18ヒルノデイバロー
19スマートオーディン

 

◆クラス成績

順位馬名
1ミスターメロディ
2ロジクライ
3リナーテ
4スターオブペルシャ
5レッツゴードンキ
6ロードクエスト
7リライアブルエース
8アドマイヤゴッド
9ダイメイフジ
10リョーノテソーロ
11タイムトリップ
12ラインスピリット
13コウエイタケル
14ダイアナヘイロー
15ヤングマンパワー
16スマートオーディン
17エントシャイデン
18ヒルノデイバロー
19トウショウピスト

 

◆近走成績

順位馬名
1ミスターメロディ
2ロジクライ
3スターオブペルシャ
4リナーテ
5ダイアナヘイロー
6タイムトリップ
7レッツゴードンキ
8エントシャイデン
9ラインスピリット
10リョーノテソーロ
11ダイメイフジ
12コウエイタケル
13リライアブルエース
14ロードクエスト
15アドマイヤゴッド
16ヤングマンパワー
17スマートオーディン
18トウショウピスト
19ヒルノデイバロー

 

 

2.総評

記載したすべての要素で1位となったのがミスターメロディー。前走は今回と同じ条件の阪神Cを2着し、古馬相手でも十分通用することを証明。メンバーレベルは少し上がりそうですが、斤量も変わらないので引き続き好走する可能性は高いでしょう。

相手探しという意味では、初対決かつ実績のあるロジクライが第一候補になるでしょうか。前走の東京新聞杯は2番手追走でこの馬のかたちになったかと思われましたが、7着と完敗。敗因は定かではないですが、当時は体に余裕があったように見え、久々の分が多少影響したのかもしれません。叩き2戦目で馬体も絞れて来れば再浮上もあると考えています。

スターオブペルシアは、出走メンバー次第では人気の盲点になりそうな馬で、前走の阪神Cでも3着したように得意の芝1400mならチャンスはありそうです。斤量も1kg軽くなるので展開がハマれば、再度波乱を演出してくれるかもしれません。

 

毎年、波乱含みではありますが、今年はニューヒーロー誕生となりそうな気がしています。

 

 

3.おまけ

2/23(土)のアクアマリンSと仁川Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

2/23 中山11R アクアマリンS

最強競馬ブログランキングへ

 

2/23 阪神11R 仁川S

中央競馬ランキング