スポンサーリンク

【小倉大賞典】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

小倉大賞典の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1サーブルオール
2スティッフェリオ
3タニノフランケル
4クロコスミア
5エアアンセム
6マウントゴールド
7マルターズアポジー
8ブラックスピネル
9レトロロック
10マイスタイル
11ケイティクレバー
12ナイトオブナイツ
13アメリカズカップ
14エテルナミノル
15サイモンラムセス
16スズカディープ

 

◆クラス成績

順位馬名
1マウントゴールド
2サーブルオール
3エアアンセム
4クロコスミア
5ブラックスピネル
6ナイトオブナイツ
7スティッフェリオ
8ケイティクレバー
9タニノフランケル
10レトロロック
11アメリカズカップ
12エテルナミノル
13マルターズアポジー
14マイスタイル
15サイモンラムセス
16スズカディープ

 

◆近走成績

順位馬名
1スティッフェリオ
2マイスタイル
3マウントゴールド
4サーブルオール
5タニノフランケル
6クロコスミア
7エアアンセム
8ケイティクレバー
9ブラックスピネル
10アメリカズカップ
11レトロロック
12サイモンラムセス
13マルターズアポジー
14ナイトオブナイツ
15スズカディープ
16エテルナミノル

 

 

2.総評

総合1位のサーブルオールは、昨年の七夕賞では1番人気に推されるなど、高い評価をうけながらも重賞は未勝利。近走も大きくは負けていませんがパンチ不足は否めません。可能性を探るなら、立ち回りの良さで勝負してきた馬と認識しているので、小倉はプラスに働くでしょう。今の小倉のように時計がかかるのもOK。斤量も55㎏と条件がハマる要素は多く好走しそうです。

前走の福島記念を勝利したスティッフェリオは、2kgプラスの57kgを今回背負うわけですが、斤量は背負いなれている印象。好位から押し切るタイプで同型は多いですが、初の小倉に対応できれば連勝もあるでしょうか。

実績を尊重するなら、エアアンセムやクロコスミアの巻き返し警戒したいところで、特にエアアンセムは中山金杯は7着でしたが、0.2秒差と差のない競馬。斤量は57kgでもチャンスはあるでしょう。

数値も総合8位くらいまでは少差で、展開や馬場状態で順位は変わるので、ハンデ戦らしく難解な一戦になりそうです。