スポンサーリンク

【共同通信杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

共同通信杯の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1シュヴァルツリーゼ
2アドマイヤマーズ
3ダノンキングリー
4クラージュゲリエ
5ゲバラ
6フォッサマグナ
7ナイママ
8マードレヴォイス

 

◆新馬戦

順位馬名
1シュヴァルツリーゼ
2フォッサマグナ
3クラージュゲリエ
4ゲバラ
5アドマイヤマーズ
6ダノンキングリー
7マードレヴォイス
8ナイママ

 

 

2.総評

朝日杯FSの覇者アドマイヤマーズが始動。実績は断然上も1ハロンの距離延長に初の東京コースと個人的には楽観視は禁物のように思います。クラシックに向けて文字通り試金石になるでしょう。

距離適性が見込めるのは、クラージュゲリエ、シュヴァルツリーゼ、ナイママの3頭。

クラージュゲリエは、京都2歳S勝ちもあり、これまで1800m以上を使われているので、適性と能力の双方を考えれば大きく崩れる要素が少ないように見えます。シュヴァルツリーゼは、新馬勝ちからの重賞挑戦と一気に相手強化になりますが、父ハーツクライと能力的に奥が深そうな印象で、新馬戦ではレースと同じ条件を勝利しているので適性も問題ないでしょう。課題は時計短縮。

ナイママは少し頭打ちの感が強くなりましたが、2歳時は札幌2歳Sでクラージュゲリエに先着しているので、もう少し馬にやる気が戻ればチャンスはあるかもしれません。

 

 

3.おまけ

壇之浦特別と洛陽Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

2/9 小倉11R 壇之浦特別

最強競馬ブログランキングへ

 

2/9 京都11R 洛陽S

中央競馬ランキング