スポンサーリンク

【AJCC】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

アメリカジョッキーCの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

順位馬名
1ジェネラーレウーノ
2ダンビュライト
3フェイエールマン
4メートルダール
5ミライヘノツバサ
6シャケトラ
7サクラアンプルール
8ショウナンバッハ
9マイネルミラノ
10ステイインシアトル
11アクションスター

 

 

2.総評

菊花賞馬のフィエールマンがここから始動します。メンバー唯一のGⅠ馬ですし、実力的にも人気的にも中心になるのは間違いないでしょう。元々、消耗しやすい体質から間隔を空けて使われているので久々は基本的に問題なし。冬なので馬体重を気に懸けるくらいでしょうか。中山も勝った経験があるので、適性云々もそこまで考えなくて良さそうです。

ただ、今回は前に行く馬も多く、中山巧者のジェネラーレウーノとダンビュライトが易々とフィエールマンに有利な展開に持ち込むとは考えにくいです。

特にジェネラーレウーノは、京成杯や皐月賞のようなタフな展開でも結果を残しているので、ある程度流れる展開に自らが持ち込むことができれば、逆転の芽も出てくるのではないかと思います。

 

こちらは、久々の馬や高齢馬も多いので、馬券圏内の可能性がある馬はだいぶ絞られると考えています。