【2018/1/25】シルクロードステークス(GⅢ) 過去データと所感

所感所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

 

日曜日の京都は、波乱傾向が高いシルクロードステークスです。

早速、データを見ていきたいと思います。

 

 

 

1. 登録馬

アクティブミノル
アットザシーサイド
アレスバローズ
カラクレナイ
キングハート
グレイトチャーター
コスモドーム
スマートカルロス
セイウンコウセイ
セカンドテーブル
ダイアナヘイロー
タマモブリリアン
ディバインコード
ナックビーナス
ナリタスターワン
ニシケンモノノフ
ファインニードル
フミノムーン
ミッキーラブソング
ユキノアイオロス
ラインミーティア
ロードクエスト

 

個人的に悩ましいのは、セイウンコウセイです。スプリンターズS11着からは、近走の成績がいまいちです。

気になるのは、得意といわれていた京都での敗走。京阪杯では、ペースが多少タイトなレースでしたが、相手や実力を考えればもう少しやれても良かったと思います。

 

どこまで立て直しているか、チェックが必要でしょう。

 

 

2. 人気・配当

過去データ

 

1番人気 2-1-0-7
2番人気 4-1-0-5
3番人気 3-1-0-6
4番人気 0-3-2-5
5番人気 0-1-1-8
6番人気 0-1-1-8
7番人気 1-0-1-8
8番人気 0-0-0-10
9番人気 0-0-0-10
10番人気 0-0-0-10
11番人気 0-1-2-7
12番人気 0-0-1-9
13番人気 0-0-1-9
14番人気 0-1-0-8
15番人気 0-0-0-9
16番人気 0-0-1-8
17番人気 0-0-0-1
18番人気 0-0-0-0

 

1番人気は2勝、2着1回とあまり信頼できません。3番人気まで広げてみても、3着内率は40%と低いです。

二桁人気が2着に食い込むケースもあり、馬券は全体的に波乱傾向にあります。

 

 

3. 前走距離・レース

1200m 8-7-9-96-120
1400m 2-3-1-21-27
1600m 0-0-0-10
3000m 0-0-0-1-1

 

中心は1200mを経由してきた馬。

ここは、スプリンターとしてスピード重視でみた方がよさそうです。

レースでは、淀短距離Sや京阪杯といった、シルクロードSと同条件を使ってきた馬の成績がよいです。

特に、淀短距離Sで3着までに入った馬は結果を残す傾向が高いです。

 

スプリンターズS組は、1勝、2着1回がありますが、2013年以降は馬券になっていません。

 

1400mのデータの大半は、阪神カップでした。

 

 

4. 年齢

4歳 1-2-0-29/32
5歳 4-3-4-21/32
6歳 4-3-3-29/39
7歳 1-2-1-30/34
8歳 0-0-2-13/15
9歳 0-0-0-4/4
10歳 0-0-0-2/2

 

5歳、6歳が優勢です。

4歳や7歳は結果を残せていませんが、今年の4歳については、出走馬のレベルを計って判断したいところ。

 

 

5.まとめ

年齢については、今年はあまり気にせず1頭1頭を見ていきたいですね。

前走レースでは、淀短距離Sと京阪杯、阪神Cの馬を中心に考えていきたいと思います。

 

これまでのデータで買いたいと思った馬は、

 

 

アクティブミノル

カラクレナイ

キングハート

グレイトチャーター

セイウンコウセイ

ダイアナヘイロー

ナックビーナス

ラインミーティア

 

 

この先、浮上してくる馬もいるかもしれませんが、現時点ではこんな感じです。