【スワンS】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

スワンSの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

キングハート
グァンチャーレ
コウエイタケル
サフランハート
タガノブルグ
デアレガーロ
ドルチャーリオ
(地)ヒルノデイバロー
ブラヴィッシモ
ベステンダンク
(外)モズアスコット
レーヌミノル
ロードクエスト

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠1-1-2-12/16
2枠1-2-0-14/17
3枠0-0-2-16/18
4枠0-1-1-18/20
5枠0-1-2-17/20
6枠3-3-0-14/20
7枠3-0-2-19/24
8枠2-2-1-19/24

 

・3~5枠から勝ち馬が出ておらず、3着内率も振るわない。

 

 

2-2. 人気・配当

スワンSの過去配当

1番人気2-1-1-6/10
2番人気3-0-1-6/10
3番人気2-2-1-5/10
4番人気1-2-1-6/10
5番人気1-0-0-9/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気0-0-1-9/10
8番人気1-1-1-7/10
9番人気0-1-0-9/10
10番人気0-0-3-7/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-1-0-9/10
13番人気0-0-0-10/10
14番人気0-0-0-8/8
15番人気0-0-0-7/7
16番人気0-1-0-5/6
17番人気0-0-0-4/4
18番人気0-0-0-4/4

 

・以前ほど大きく荒れることは少ないものの波乱傾向。

1番人気の3着内率は40%といまいち

 

 

 

2-3. 前走距離・レース

1600m6-3-3-37/49
1200m2-6-4-55/67
1400m1-0-2-25/28
1800m1-0-0-7/8
2100m0-1-0-0/1
2400m0-0-1-1/2
1000m0-0-0-1/1
2000m0-0-0-3/3
安田記念2-2-2-5/11
ポートアイS2-1-0-13/16
スプリンタS2-0-2-19/23
京成杯AH1-0-1-5/7
仲秋S1-0-0-2/3
毎日王冠1-0-0-2/3
米子S1-0-0-2/3
オパールS0-2-0-11/13
キーンランド0-1-1-2/4
スプリンター0-1-1-6/8
白山大賞典0-1-0-0/1
セントウルS0-1-0-3/4
高松宮記念0-1-0-3/4
東京優駿0-0-1-1/2
京王杯SC0-0-1-2/3
白秋S0-0-1-3/4

 

前走距離は1600mだった馬の成績が安定

レースでは安田記念組が3着内率50%越えと好成績

 

 

2-4. 年齢

3歳4-1-0-17/22
4歳3-3-3-19/28
5歳1-4-5-43/53
6歳2-2-1-32/37
7歳0-0-1-13/14
8歳0-0-0-5/5

 

3着内率は約32%とトップだが、勝率トップは3歳馬

・7歳以上は厳しい。

 

 

2-5. 斤量

52.0kg1-0-0-4/5
53.0kg0-0-0-1/1
54.0kg2-0-2-16/20
55.0kg0-1-1-11/13
56.0kg0-5-3-48/56
57.0kg7-3-1-40/51
58.0kg0-1-3-7/11
59.0kg0-0-0-2/2

 

・斤量は57kgが7勝だが、今年は該当馬なし。

3着内率でみれば、58kg以外は大差はない

 

 

3. 総評

モズアスコット以外で重賞勝ち馬は、キングハート、グァンチャーレ、レーヌミノル、ロードクエストの4頭。内キングハートを除く3頭はずいぶん前に勝ったきりで、今年は不振だったり、勝ち切れなかったりと確実性の欠ける走り。ある程度人気をするなら、ここから入るのは逆に危険か。

このメンバーならモズアスコットを消すわけにはいかないが、58kgの斤量と目標が先であることを考えると複軸までが妥当だろう。高配当を狙うなら別の馬を立てる必要がありそうだ。

 

それならキングハートが狙い目。

距離は1200mを中心に使われているが、過去には京都で1400mでも勝ち星があり、京都は7戦して2勝と2着&3着が1回ずつある。自身の他コース成績と比べても見劣りはなく、走っておかしくない数字だ。前走のオパールSでは、後方から追いこんできて0.5秒差。先着したメンバーとの斤量差を考えれば、決して悲観する内容ではない。

 

キングハートとモズアスコットを本線に、あとは穴っぽいコウエイタケル、ベステンダンクと今一つ勝ちきれないロードクエストを加えた馬券を検討中。あとは、当日の人気と天気で相手を組み替えたい。