【シリウスS】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

シリウスSの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

ウェスタールンド
オメガパフューム
カゼノコ
クインズサターン
グレイトパール
コスモカナディアン
コパノチャーリー
サンライズソア
(地)シャイニービーム
ストライクイーグル
タガノグルナ
タガノディグオ
ナムラアラシ
ヒラボクラターシュ
ヒロブレイブ
マイネルオフィール
ミキノトランペット
ムーンクレスト
メイショウウタゲ
ヨシオ
ラインルーフ
リーゼントロック

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠3-0-1-11/15
2枠2-0-1-12/15
3枠1-1-2-12/16
4枠1-0-0-15/16
5枠1-1-2-15/19
6枠0-3-1-16/20
7枠1-5-2-12/20
8枠1-0-1-18/20

 

・3着内率は7枠で40%だが、勝ち馬は1枠、2枠と内のほうがいい

 

 

2-2. 人気・配当

シリウスSの過去配当

1番人気3-2-1-4/10
2番人気1-1-2-6/10
3番人気2-3-1-4/10
4番人気0-2-3-5/10
5番人気2-1-0-7/10
6番人気1-0-1-8/10
7番人気0-0-1-9/10
8番人気0-1-0-9/10
9番人気0-0-1-9/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気1-0-0-9/10
12番人気0-0-0-9/9
13番人気0-0-0-6/6
14番人気0-0-0-6/6
15番人気0-0-0-5/5
16番人気0-0-0-5/5

 

・1番人気の3着内率は60%。

・2~3番人気の3着内率も悪くなく全体的に堅いイメージだが、ちょいちょい大きく荒れる。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1800m7-4-0-49/60
1700m2-1-5-28/36
2000m1-1-0-9/11
1900m0-3-1-7/11
1600m0-1-0-2/3
2600m0-0-1-1/2
2200m0-0-1-2/3
2100m0-0-1-3/4
2400m0-0-1-3/4
2300m0-0-0-1/1
2500m0-0-0-1/1
1400m0-0-0-5/5
オークランド4-1-0-5/10
エルムS1-1-2-12/16
宮崎S1-0-0-0/1
ジュライS1-0-0-1/2
朝日CC1-0-0-1/2
レパードS1-0-0-2/3
ラジオ日本賞1-0-0-12/13
平安S0-3-1-5/9
BSN賞0-2-0-8/10
スパーキング0-1-0-0/1
帝王賞0-1-0-1/2
東海S0-1-0-1/2
阿蘇S0-0-3-16/19
みなみ北海道0-0-1-0/1
セントライト0-0-1-0/1
ブリリアント0-0-1-2/3
松戸特別0-0-1-2/3

 

前走距離は1800mが中心で、1700~2000mに成績が集中

・前走レースはオープン特別だった馬も好成績で、レースの格は気にしなくて良さそう。

 

 

2-4. 年齢

3歳2-1-1-9/13
4歳2-1-3-16/22
5歳4-3-2-32/41
6歳2-4-4-26/36
7歳0-1-0-18/19
8歳0-0-0-10/10

 

・大きな差はないものの、3着内率では3歳馬が頭一つリード。

・勝ち星トップは5歳で4勝。ここでも7歳以上は苦戦

 

 

2-5. 斤量

48.0kg0-0-0-2/2
51.0kg0-0-0-3/3
52.0kg0-0-1-7/8
53.0kg1-0-0-10/11
54.0kg3-1-0-24/28
55.0kg2-1-2-22/27
56.0kg3-2-2-21/28
56.5kg0-1-0-1/2
57.0kg0-3-0-8/11
57.5kg1-1-2-5/9
58.0kg0-1-2-5/8
58.5kg0-0-1-3/4

 

3着内率は56.5kg以上が数字を残しているが、勝ち星は54~56kgに集中

53kg以下の軽量馬は苦戦

 

 

3. 総評

データで考えれば、高齢馬と軽量馬をまず消したくなるが、53kgのオメガパフュームとヒラボクラターシュの2頭は切るのをためらわれる。

 

オメガパフュームはジャパンDD2着の成績に目がいくが、2走前は1000万下でも古馬を相手にあっさりと差し切り勝ち。当時よりさらに1kg軽くなるなら、パフォーマンスが下がることはない。

ヒラボクラターシュも同様で、こちらはオープン特別のラジオ日本賞で古馬を完封。中1週は気掛かりも、レース内容はこちらが上で引き続きチャンス。

 

本来、実力的に勝たなければいけないグレイトパールは前走の平安Sの負け方が不可解で、どこまで立て直してくるか慎重に見極めたいところ。斤量も0.5kgだが更に重くなる。

一方で、グレイトパールと同じ斤量を背負うサンライズソアは、前走は展開に恵まれた印象で、同型が多い今回はすんなり前で運べるかがカギ。そういった意味では、メンバー構成が重要になってきそうで、先行有利といえど前が速くなるなら思わぬ穴馬の食い込みにも警戒したい。