【神戸新聞杯】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

神戸新聞杯の過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アドマイヤアルバ
エタリオウ
エポカドーロ
ゴーフォザサミット
ステイフーリッシュ
タイムフライヤー
(地)ダブルシャープ
ハーベストムーン
ビッグスモーキー
メイショウテッコン
ワグネリアン

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠1-0-2-10/13
2枠0-0-2-14/16
3枠2-1-0-15/18
4枠1-2-0-15/18
5枠3-3-1-13/20
6枠1-1-2-15/19
7枠0-1-2-19/22
8枠2-2-1-17/22

 

・3着内率は5枠が突出しており35%。勝ち数も3勝とトップ。

・内外で成績に大きな差は見られない。

 

 

2-2. 人気・配当

神戸新聞杯の過去配当

1番人気7-2-0-1/10
2番人気1-2-3-4/10
3番人気1-2-2-5/10
4番人気0-0-1-9/10
5番人気0-0-2-8/10
6番人気0-1-0-9/10
7番人気1-1-1-7/10
8番人気0-2-0-8/10
9番人気0-0-1-9/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-0-9/9
13番人気0-0-0-8/8
14番人気0-0-0-8/8
15番人気0-0-0-6/6
16番人気0-0-0-3/3
17番人気0-0-0-2/2
18番人気0-0-0-2/2

 

1番人気は連対率90%と、ここは素直に信頼か。

・2番人気、3番人気の3着内率もそこそこ高く、配当は平穏傾向。

二桁人気の出番なし

 

 

2-3. 前走距離・レース

2400m8-6-3-35/52
2000m1-2-3-32/38
1800m1-1-2-25/29
1600m0-1-0-2/3
2200m0-0-2-4/6
1400m0-0-0-1/1
1700m0-0-0-2/2
2600m0-0-0-17/17

 

東京優駿8-6-3-27/44
ラジNIK賞1-1-1-7/10
マレーシアC1-0-0-0/1
信濃川特別0-1-1-3/5
長久手特別0-1-0-0/1
HTB賞0-1-0-1/2
玄海特別0-0-2-4/6
宝塚記念0-0-1-0/1
阿賀野川特別0-0-1-1/2
白百合S0-0-1-5/6

 

前走が東京優駿だった馬が優勢。特に東京優駿を連対した馬はしっかりと結果を残している

・前走がマイル以下だった馬の成績は振るわない。

 

 

3. 総評

今回はエポカドーロワグネリアンの一騎打ち。あまり無理に穿った見方をするより、素直にこの2頭から入るのが良さそう。ただワグネリアンは福永Jの負傷で乗り替わりの可能性は高い。誰になるかは注視したい。

 

少しでも配当を上げるために、3頭目で穴っぽいところを探したいところ。

アドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォザサミット、メイショウテッコンの4頭の間に能力差は無いと見るが、一度使ったアドバンテージをプラスに考えないこともないゴーフォザサミットだが、札幌記念の内容は今一つ強調できるところがなく、あまり気が進まない。メイショウテッコンは距離が長い印象で、先行馬も強力になる今回は簡単には押し切れないと考える。

そうなると、ダービーで4頭のなかでは最先着のエタリオウ、距離が合ってそうなアドマイヤアルバを優位に見たい。