競馬を「考える」ブログ

【セントライト記念】2018年 過去データ

 

こんにちは。たいらーです。 @umanoie2017

セントライト記念の過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アドマイヤアルバ
エストスペリオル
オウケンムーン
ギベオン
グレイル
ケイティクレバー
コズミックフォース
ショウナンラーゼン
ジェネラーレウーノ
ゼーゲン
(外)タニノフランケル
ダブルフラット
トラストケンシン
ブレステイキング
メイショウロセツ
レイエスプランドル
レイエンダ

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠 0-2-1-13/16
2枠 1-0-2-16/19
3枠 3-1-0-15/19
4枠 1-1-0-17/19
5枠 0-1-1-18/20
6枠 2-1-0-17/20
7枠 2-1-5-16/24
8枠 1-3-1-20/25

 

7枠の3着内率が約33.3%でトップ。勝利数は3枠の3勝がトップ

・4、5枠の3着内率が低いが他の枠は大差なし。

 

 

2-2. 人気・配当

セントライト記念の過去配当

1番人気 3-2-1-4/10
2番人気 2-2-1-5/10
3番人気 1-2-2-5/10
4番人気 1-1-1-7/10
5番人気 0-1-1-8/10
6番人気 2-0-1-7/10
7番人気 0-0-1-9/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 1-1-0-8/10
10番人気 0-0-2-8/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-0-0-9/9
14番人気 0-1-0-8/9
15番人気 0-0-0-9/9
16番人気 0-0-0-6/6
17番人気 0-0-0-6/6
18番人気 0-0-0-3/3

 

・1番人気の3着内率は60%。2番人気と3番人気が続いて50%と、人気サイドはまずまずの数字。

・二桁人気は過去10年で3頭だけ馬券に絡んでいる。

・ここ2年の配当は平穏。

 

 

2-3. 前走距離・レース

2400m 6-4-4-23
1800m 3-1-5-31
2200m 1-2-1-17
2000m 0-3-0-44
1400m 0-0-0-1
1500m 0-0-0-1
1700m 0-0-0-3
1600m 0-0-0-4
2600m 0-0-0-8
東京優駿 6-4-3-16
阿賀野川特別 1-2-1-3
ラジNIK賞 1-1-3-15
いわき特別 1-0-0-0
信濃川特別 0-2-0-1
札幌記念 0-1-0-1
青葉賞 0-0-1-1

 

東京優駿(日本ダービー)組が中心

・ラジオNIKKEI賞は3着内率は25%。数字的には頼りないが、ここ2年は続けて馬券にはなっている。

 

 

3. 総評

今年は多方面から参戦で予想が難しいが、今後を占う意味では面白いレース。

昨年、一昨年は人気サイドで決まったが、いつもより輪をかけて能力比較の難しいメンバー。

配当はそこそこ期待できそうで、人気の盲点をつきたい。

 

この中で実績上位はコズミックフォースとギべオンの2頭。

コズミックフォースはパワー型の馬。レースぶりから中山は向く印象で、実際に京成杯の2着がある。

ここはあまり評価を下げられそうにない。

 

ギべオンは、おそらく菊花賞ではなく天皇賞・秋かマイルCSを見据えた選択。ここの結果次第でローテ決めるのだろう。

今年の3歳馬は古馬相手でも対等に渡り合っているが、秋のGⅠ奪取を狙うならここは中途半端な競馬はできない。

仕上げてはきそうだが、距離はギリギリで尚且つ試行錯誤している段階。信頼度ではコズミックフォースに劣る。

 

血統から注目度が高いレイエンダは、能力は非凡でも人気を考えると飛びつくのは危険。

それよりも、前出のコズミックフォースとプリンシパルSで差のない競馬をしたブレステイキングの方に妙味を感じる。

 

他にも日本ダービーでは惨敗も、トライアルや皐月賞で好走しているアドマイヤアルバジェネラーレウーノは、他の馬が人気をしそうなだけに能力とオッズが釣り合わない美味しい状態になりそう。馬券に組み込む価値はありそうだ。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.