【京成杯AH】2018年 過去データ

所感所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

京成杯AHの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

ウインガニオン
ゴールドサーベラス
ショウナンアンセム
ストーミーシー
ダイワリベラル
トウショウドラフタ
トーセンデューク
ヒーズインラブ
ベステンダンク
ミッキーグローリー
ミュゼエイリアン
ヤングマンパワー
ロジクライ
ロードクエスト
ワントゥワン

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠0-1-0-15/16
2枠3-3-1-10/17
3枠1-1-2-16/20
4枠0-2-1-17/20
5枠4-1-1-13/19
6枠1-1-2-16/20
7枠0-0-3-16/19
8枠1-1-0-18/20

 

・3着内率では2枠、5枠が突出。2枠の3着内率は約41.1%

 

 

2-2. 人気・配当

京成杯AHの過去配当

1番人気2-0-0-8/10
2番人気4-1-2-3/10
3番人気2-0-2-6/10
4番人気1-0-1-8/10
5番人気0-0-1-9/10
6番人気0-2-1-7/10
7番人気0-2-2-6/10
8番人気0-1-0-9/10
9番人気0-0-1-9/10
10番人気0-1-0-9/10
11番人気0-2-0-8/10
12番人気0-0-0-10/10
13番人気1-0-0-9/10
14番人気0-1-0-9/10
15番人気0-0-0-7/7
16番人気0-0-0-4/4

 

1番人気の3着内率20%に対して、2番人気は70%

・ただ、その1番人気がここ2年連続で勝利。

・二桁人気で馬券になったのは5頭。3~9番人気は16頭と、こちらのほうが信頼度は上。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1600m3-6-8-58/75
1400m3-0-0-26/29
1800m2-2-0-18/22
2400m1-1-0-2/4
2000m1-1-0-3/5
1200m0-0-2-11/13
1000m0-0-0-1/1
1700m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
関屋記念1-3-6-40/50
クイーンS1-1-0-0/2
七夕賞1-1-0-0/2
東京優駿1-1-0-2/4
安田記念1-1-0-3/5
夏至S1-0-0-0/1
新潟日報賞1-0-0-0/1
長岡S1-0-0-0/1
中京記念1-0-0-5/6
朱鷺S1-0-0-17/18
ダービーCT0-1-0-0/1
ヴィクトリア0-1-0-0/1
小倉日経OP0-1-0-6/7
東京新聞杯0-0-1-0/1
函館SS0-0-1-1/2
北九州記念0-0-1-2/3
NHKマイル0-0-1-6/7

 

・前走レースは様々も、距離は1400m以下より1600m、1600m以上の馬のほうが好成績

・サマーマイルシリーズを使った馬の中では、関屋記念の馬が好走する傾向にある。

 

 

2-4. 年齢

3歳2-1-3-16/22
4歳2-1-1-16/20
5歳5-3-2-34/44
6歳0-3-3-36/42
7歳1-2-1-15/19
8歳0-0-0-3/3
9歳0-0-0-1/1

 

・3~5歳に差はあまりないものの、3歳が優勢

6歳は勝ち星なし

 

 

2-5. 斤量

50.0kg0-0-0-4/4
51.0kg0-0-0-1/1
52.0kg1-0-0-2/3
53.0kg1-2-1-12/16
54.0kg2-3-2-32/39
55.0kg3-1-1-21/26
56.0kg1-0-4-26/31
56.5kg0-0-0-2/2
57.0kg1-2-0-13/16
57.5kg0-1-1-4/6
58.0kg1-1-1-3/6
58.5kg0-0-0-1/1

 

・3着内率トップは、頭数が少ないものの58kg。実績馬は斤量だけで判断するのは禁物。

・57kgは不振で、54~56kgの馬が中心。

 

 

3. 総評

疲れさえなければ素直にワントゥワンを中心に考えるべきか。

ただ、中山はこれが初で後ろから行くこの馬にとってはプラスにならないだろう。

誰が乗ってどう捌くかも一つのポイントになりそう。

 

ロジクライも初の中山になるが、戦法を考えればワントゥワンよりは向く。

重賞ウイナーと実績もある馬なので、人気してもこの馬は買っておく必要がありそう。

 

中山替りで注意するなら、ロードクエストヒーズインラブで両馬ともに同コースでの重賞勝ちがある。おっとストーミーシーも忘れずに。

 

他にも気になる馬も多く、予想の柱をどこに置くかで大分組み合わせも替ってきそうだ。

予想の難しいレースになりそうである。