競馬を「考える」ブログ

【富士S】2018年 過去データ

 

こんにちは。たいらーです。 @umanoie2017

富士Sの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

ウインガニオン
ウインブライト
エアスピネル
ガリバルディ
クルーガー
ゴールドサーベラス
(外)ジャンダルム
ストーミーシー
デンコウアンジュ
ハクサンルドルフ
[地]ハッピーグリン
ヒーズインラブ
ペルシアンナイト
マルターズアポジー
ヤングマンパワー
レッドアヴァンセ
ロジクライ
ワントゥワン

 

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠 0-1-0-16/17
2枠 2-1-1-15/19
3枠 2-0-2-15/19
4枠 1-3-0-15/19
5枠 2-1-1-15/19
6枠 0-1-2-17/20
7枠 1-1-4-17/23
8枠 2-2-0-21/25

 

1枠の3着内率が5.8%と散々なことを除けば、他は差のない数字。

 

 

2-2. 人気・配当

富士Sの過去配当

1番人気 3-1-0-6/10
2番人気 2-0-1-7/10
3番人気 1-1-1-7/10
4番人気 2-2-0-6/10
5番人気 1-1-2-6/10
6番人気 1-1-0-8/10
7番人気 0-0-1-9/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-1-0-9/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-1-1-8/10
12番人気 0-1-0-8/9
13番人気 0-0-1-8/9
14番人気 0-1-2-6/9
15番人気 0-0-1-8/9
16番人気 0-0-0-7/7
17番人気 0-0-0-5/5
18番人気 0-0-0-3/3

 

1番人気は3勝しているが、3着内率は40%と苦戦傾向

・2~4番人気も1番人気と同じくらい走っており、妙味があるのはここからの馬券か。

二桁人気も8頭が馬券になっており、配当も高い傾向に

 

 

2-3. 前走距離・レース

1600m 6-7-4-84/101
2000m 2-1-0-9/12
1800m 1-2-2-18/23
2200m 1-0-2-3/6
1400m 0-0-2-6/8
2850m 0-0-0-1/1
1200m 0-0-0-2/2
1700m 0-0-0-2/2
3000m 0-0-0-2/2
2400m 0-0-0-4/4
ポートアイS 2-0-1-23/26
京成杯AH 1-3-1-24/29
安田記念 1-3-0-8/12
ダービー卿T 1-1-0-2/4
皐月賞 1-0-0-0/1
札幌記念 1-0-0-1/2
セントライト 1-0-0-2/3
毎日王冠 1-0-0-5/6
関屋記念 1-0-0-9/10
ラジNIK賞 0-1-1-3/5
朝日CC 0-1-0-0/1
エプソムC 0-1-0-4/5
オールカマー 0-0-2-0/2
マイラーズC 0-0-1-0/1
六甲S 0-0-1-0/1
信越S 0-0-1-1/2
朱鷺S 0-0-1-1/2
西宮S 0-0-1-2/3

 

前走距離は1600以上だった馬が優勢

・重賞出走馬が中心ではあるが、オープン特別経由でも実績馬なら軽視不可。

 

 

2-4. 年齢

3歳 3-1-3-34/41
4歳 4-3-3-12/22
5歳 3-3-3-31/40
6歳 0-3-0-33/36
7歳 0-0-0-14/14
8歳 0-0-1-6/7
9歳 0-0-0-1/1

 

・4歳馬が中心。

・3歳と5歳も健闘しているが、6歳は不振。

 

 

2-5. 斤量

52.0kg 0-0-0-1/1
54.0kg 3-1-2-20/26
55.0kg 0-1-1-9/11
56.0kg 2-4-4-75/85
57.0kg 5-1-2-22/30
58.0kg 0-3-1-3/7
59.0kg 0-0-0-1/1

 

・近年は57~58kgがきっちり力を示している。

・54kgは3歳馬。

 

 

3. 総評

3歳馬、サマーマイルシリーズを戦った馬、秋始動の馬が一同に会する富士S。

実績から横綱はペルシアンナイトだろう。安田記念の6着は、進路が見つからなかったことで伸び切れなかったが、力負けではない。ただ、今回は59kgの斤量がネックで叩き良化ガ型のイメージがあり、勝ちきるまではどうか。押さえで十分な気もする。

データ的には、サマーマイルシリーズを連戦してきた馬より、中距離や秋始動の馬のほうが成績が良く、その点からもハクサンルドルフやレッドアヴァンセに食指が動く。ハクサンルドルフは、多少時計がかかってほしいが、マイルから中距離で安定した末脚が使えるのは魅力。一発の破壊力は凄まじい。レッドアヴァンセは、前走のヴィクトリアマイルが3着と力を示した上に、兄弟にクラレント、レッドアリオンと富士Sと縁のある血統。斤量の恩恵もあるのでこの馬も一発がありそう。

長期休養明けとなるエアスピネルは、久々は悪くないが良くもなく。実力上位であることは確かだが、安田記念を故障でなく回避した点を考慮すると、少し様子を見たい。

3歳馬は、ジャンダルムとハッピーグリンが登録。

ジャンダルムは適距離に戻るが、3歳のなかでは今や3番手、4番手。古馬相手ではどうか。ハッピーグリンは1000万下、巴賞と古馬とは2戦ほど経験済み。3歳馬2頭は実績ほど差はない。が総じて今回は力不足の感が否めず、あって3着か。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.