競馬を「考える」ブログ

【京王杯SC】出走馬 順位付け

 
所感

こんにちは、たいらーです。

京王杯SCの登録馬の順位付けです。

 

これまでの実績と近走成績、コース&距離適性ごとの順位付けになります。

 

 

1. 出走馬

(地)アイライン
アドマイヤゴッド
ウインガニオン
(外)キャンベルジュニア
グレーターロンドン
サトノアレス
シュウジ
セイウンコウセイ
ダイメイフジ
ダンスディレクター
テオドール
トウショウピスト
ノボバカラ
ビップライブリー
(外)フィアーノロマーノ
ムーンクエイク
ラインスピリット
リライアブルエース

 

 

2. 見解

実績

順位 馬名
1 ダンスディレクター
2 シュウジ
3 ラインスピリット
4 セイウンコウセイ
5 ノボバカラ
6 ウインガニオン
7 サトノアレス
8 ビップライブリー
9 グレーターロンドン
10 トウショウピスト
11 (外)キャンベルジュニア
12 ダイメイフジ
13 (地)アイライン
14 テオドール
15 アドマイヤゴッド
16 ムーンクエイク
17 リライアブルエース
18 (外)フィアーノロマーノ

 

年齢は気になりますが、重賞では未だに安定しているダンスディレクターを上位に評価。

前走の高松宮記念は、休み明けにも拘らず4着と走る気力に衰えなし。

 

シュウジは、はっきり言って2歳・3歳時の実績がデータのうえで効いていますが、控える競馬ができるようになってから徐々に成績は安定。復調してきたなら怖い存在です。

 

復調という意味では、GⅠ馬のセイウンコウセイも警戒。

 

 

近走成績

順位 馬名
1 ダイメイフジ
2 ムーンクエイク
3 (外)フィアーノロマーノ
4 リライアブルエース
5 サトノアレス
6 (地)アイライン
7 テオドール
8 ダンスディレクター
9 グレーターロンドン
10 ラインスピリット
11 シュウジ
12 セイウンコウセイ
13 ウインガニオン
14 (外)キャンベルジュニア
15 ノボバカラ
16 ビップライブリー
17 アドマイヤゴッド
18 トウショウピスト

 

ダイメイフジ、フィアーノロマーノ、ムーンクエイク、リライアブルエースと上り馬の名が並びますが、前出の実績面ではオーシャンS3着のあるダイメイフジが一歩リードか。

ただ、この馬は既に今回で4戦目になるので、疲労がないかは注意したほうが良さそう。

 

他なら、東京と相性のいいリライアブルエースに注目ですが、この馬も使い詰めている感じ。

 

なら、素直に実績とのバランスのいいサトノアレスあたりが一番いいのかも知れません。

 

 

コース&距離適性

順位 馬名
1 ビップライブリー
2 ダンスディレクター
3 (地)アイライン
4 ウインガニオン
5 ラインスピリット
6 トウショウピスト
7 セイウンコウセイ
8 ダイメイフジ
9 リライアブルエース
10 グレーターロンドン
11 ムーンクエイク
12 シュウジ
13 アドマイヤゴッド
14 (外)キャンベルジュニア
15 サトノアレス
16 テオドール
17 (外)フィアーノロマーノ
18 ノボバカラ

 

距離とコースの両方の適正が高いのは、ビップライブリー

1400mでは5勝と2着が1回、うち東京が2勝。

重賞では少し力不足に映りますが、得意の舞台で巻き返しがあるかもしれません。

 

同様にウインガニオンも近走がさっぱりですが、東京コースは2勝と3着2回。

東京の芝1400mも1勝しているので、変わり身があるかどうか気にはなります。

 

 

3.まとめ

現時点での狙い目は以下のとおりです。

 

ウインガニオン

グレーターロンドン

サトノアレス

シュウジ

ダイメイフジ

ダンスディレクター

(外)フィアーノロマーノ

ムーンクエイク

リライアブルエース

 

なかなか絞り込むのが難しいですが、週末の天気も怪しいので当日の馬場を見て最終判断したいと思います。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.