スポンサーリンク

【弥生賞】気になるデータ・人気と配当

所感 所感
スポンサーリンク

こんにちは、たいらーです。

 

今週の注目は何といっても弥生賞。

ここでダノンプレミアムとワグネリアンが初対決です。

 

どちらも前走が圧巻の内容なので、この2頭できまりそうですが実際どうなんですかね。

 

人気と配当について見ておきたいと思います。

 

 

 

 

1. 登録馬

アサクサスポット 56.0
アラウン 56.0
オブセッション 56.0
サンリヴァル 56.0
ジャンダルム 56.0
ダノンプレミアム 56.0
トラストケンシン 56.0
ニシノトランザム 56.0
ヘヴィータンク 56.0
リビーリング 56.0
ワグネリアン 56.0

 

 

2. 見解

1番人気が勝率50%、3着内率は70%ですが3着自体はなし。

次いで2番人気が3勝、3着内率60%と続きます。

 

1番人気 5-2-0-3/10
2番人気 3-1-2-4/10
3番人気 0-1-1-8/10
4番人気 0-2-0-8/10
5番人気 0-1-3-6/10
6番人気 1-0-0-9/10
7番人気 0-1-3-6/10
8番人気 0-1-0-9/10
9番人気 1-0-0-9/10
10番人気 0-1-1-8/10
11番人気 0-0-0-9/9
12番人気 0-0-0-7/7
13番人気 0-0-0-4/4
14番人気 0-0-0-2/2
15番人気 0-0-0-2/2
16番人気 0-0-0-1/1

 

実績から第3勢力はジャンダルムになるのでしょうが、3番人気や4番人気の成績が不甲斐ない。

やはり、ダノンプレミアムとワグネリアンで決まりそうな気がしてならない。。。

 

 

それでも配当で考えれば、順当に決まったのは3例で、2016年と2014年、2010年です。

他は伏兵の食い込みもあり、馬連でも数十倍つく年も多いですね。

 

弥生賞の過去配当

 

 

荒れるときは、差し馬よりも逃げ・先行馬の前残りが目立ちます。

弥生賞の穴馬の通過順位

 

今年なら、サンリヴァル、リビーリングあたりがにおいます。

穴馬という意味では、リビーリングに食指が動きます。

 

 

 

3.まとめ

ダノンプレミアム、ワグネリアンの能力は頭2つくらい抜けているのと、データ的にも順当ムードがプンプンです。2頭を入れた馬券を考える場合は、相当点数を絞らないとプラスは見込めないと思います。

 

それでも3連単ならグリグリになるケースは多くはないので、穴にどの馬を選ぶかが収支プラスの命題となります。

 

現時点での穴馬候補として、サンリルヴァルとリビーリングを挙げておきます。