スポンサーリンク

【アンタレスS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

アンタレスSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1グリム
2ウェスタールンド
3ヒラボクラターシュ
4ナムラアラシ
5ピオネロ
6カゼノコ
7テーオーエナジー
8ザイディックメア
9ヒロブレイブ
10ドライヴナイト
11アナザートゥルース
12メイショウスミトモ
13リーゼントロック
14ロンドンタウン
15コスモカナディアン
16ハーベストムーン
17ミッシングリンク
18コパノチャーリー
19マイネルオフィール
20オルナ
21トラキチシャチョウ
22クロスケ

 

◆クラス成績

順位馬名
1ヒラボクラターシュ
2グリム
3ピオネロ
4ウェスタールンド
5ミッシングリンク
6コスモカナディアン
7カゼノコ
8ロンドンタウン
9ナムラアラシ
10ザイディックメア
11テーオーエナジー
12ヒロブレイブ
13メイショウスミトモ
14ドライヴナイト
15リーゼントロック
16クロスケ
17マイネルオフィール
18アナザートゥルース
19ハーベストムーン
20コパノチャーリー
21トラキチシャチョウ
22オルナ

 

◆近走成績

順位馬名
1ウェスタールンド
2グリム
3ヒラボクラターシュ
4アナザートゥルース
5コスモカナディアン
6ザイディックメア
7ミッシングリンク
8ピオネロ
9カゼノコ
10テーオーエナジー
11ナムラアラシ
12ヒロブレイブ
13ロンドンタウン
14ドライヴナイト
15クロスケ
16リーゼントロック
17コパノチャーリー
18オルナ
19ハーベストムーン
20メイショウスミトモ
21マイネルオフィール
22トラキチシャチョウ

 

 

2.総評

チャンピオンズCで剛脚を見せ2着に食い込んだウォータールンドが総合1位。中距離の方が脚が溜まるようで、引き続きダ1800mはいいでしょう。7歳になり、今年緒戦となりますが久々は問題ない印象です。

レパードSを勝利して以降、交流重賞を回りながら着実に力を付けてきたグリムが相手本線。こちらは久しぶりの中央がどうか。レパードSでグリムの2着だったヒラボクラタージュもその後はめきめき力をつけており、マーチSは、踏ん張り切れなかった先行馬が多い中で4着なら上々でしょう。

他には、今やオープン大将のピオネロや、いつも相手なりのコスモカナディアンが穴としては面白そうです。