スポンサーリンク

【マーチS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

マーチSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1グレンツェント
2ヒラボクラターシュ
3テーオーエナジー
4ヒロブレイブ
5ロードゴラッソ
6アスカノロマン
7ロンドンタウン
8センチュリオン
9エイシンセラード
10ハイランドピーク
11コスモカナディアン
12アルドーレ
13マイネルオフィール
14リーゼントロック
15ハーベストムーン
16ジョーダンキング
17ローズプリンスダム
18ストライクイーグル
19オルナ
20タガノディグオ
21サンマルデューク
22ワークアンドラブ
23サトノティターン
24クロスケ

 

◆クラス成績

順位馬名
1ヒラボクラターシュ
2ハイランドピーク
3グレンツェント
4コスモカナディアン
5ローズプリンスダム
6センチュリオン
7ロンドンタウン
8クロスケ
9テーオーエナジー
10アスカノロマン
11ヒロブレイブ
12マイネルオフィール
13リーゼントロック
14サンマルデューク
15ハーベストムーン
16ストライクイーグル
17タガノディグオ
18ワークアンドラブ
19エイシンセラード
20オルナ
21アルドーレ
22サトノティターン
23ジョーダンキング
24ロードゴラッソ

 

◆近走成績

順位馬名
1サトノティターン
2アルドーレ
3ジョーダンキング
4ヒラボクラターシュ
5エイシンセラード
6ロードゴラッソ
7コスモカナディアン
8テーオーエナジー
9グレンツェント
10タガノディグオ
11ハイランドピーク
12ローズプリンスダム
13ヒロブレイブ
14センチュリオン
15ストライクイーグル
16アスカノロマン
17ロンドンタウン
18オルナ
19ハーベストムーン
20クロスケ
21マイネルオフィール
22ワークアンドラブ
23リーゼントロック
24サンマルデューク

 

 

2.総評

地力の高さが評価されて一番手はグレンツェント。さすがに前走の東海Sは負けすぎで手を出しずらいですが、本来の力が戻ってくれば穴として考えてもよさそう。軸馬探しとなると勢いのある4歳馬、ヒラボクラターシュとテーオーエナジーを中心に考えるのが妥当でしょうか。

ヒラボクラターシュは、近走は交流重賞を1着、2着と充実一途。昨年のチャンピオンズCは9着でしたが、それ以外のレースの着順は比較的安定しており、ルヴァンスレーヴのような大将格がいなければ、ここは勝ち負けでしょうか。初の57kgを克服できるかもポイントです。

テーオーエナジーは、前走の佐賀記念を3着したものの、重賞となるとヒラボクラタージュなどに比べると力差を感じます。それで57Kgは背負わされた印象ですが、この馬自身は年末から力を付けてきているのでどこまで歯が立つか見ものです。