スポンサーリンク

【フラワーC】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

フラワーCの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1エールヴォア
2エフティイーリス
3レッドベルディエス
4コントラチェック
5アイリスフィール
6ジョディー
7ミモザイエロー
8エアジーン
9ランブリングアレー
10メイショウハナグシ
11シャドウディーヴァ
12マルーンベルズ
13レオンドーロ
14ルタンブル
15フラル

 

◆クラス成績

順位馬名
1エールヴォア
2エフティイーリス
3ルタンブル
4レッドベルディエス
5ジョディー
6アイリスフィール
7エアジーン
8コントラチェック
9シャドウディーヴァ
10フラル
11マルーンベルズ
12ミモザイエロー
13メイショウハナグシ
14ランブリングアレー
15レオンドーロ

 

◆近走成績

順位馬名
1アイリスフィール
2マルーンベルズ
3コントラチェック
4メイショウハナグシ
5シャドウディーヴァ
6エールヴォア
7エフティイーリス
8レッドベルディエス
9ランブリングアレー
10レオンドーロ
11ミモザイエロー
12エアジーン
13ジョディー
14ルタンブル
15フラル

 

 

2.総評

過去にはサンテミリオンなど、勝ち馬でなくてもオークスなどで活躍した馬が出ていた本レースですが、近年は桜花賞にもオークスにもつながらないレースとなっています。ただ、秋やそれ以降を見越して賞金加算を狙う馬も多く、馬にとっては重要度の高いレースに変わりはないようです。

エールヴォアは、アルテミスS3着後は阪神JFに進まずエリカ賞を選択し、そこで快勝。重賞で好走していますし、登録馬の中では能力も高そうです。オークスを意識したと思われるローテーションで、ここを勝って台風の目となれるか注目です。

総合2位のエフティイーリスの母は桜花賞、オークスで2着したことがあるエフティーマイア。前走のフェアリーSはさすがに距離が短かったのか4着止まり。今のところ戦績からは距離の融通は効きそうですが、未勝利戦を勝った芝1800mのようにゆったり運べる方が良さそうな印象。母の軌跡を辿るためにもここは勝ちたい。

着実に力を付けてきているコントラチェックも侮りがたく、中山も芝1800mも経験があるのは強み。丸山騎手に乗り替わりですが、先週は4勝するなど今年は実績馬に騎乗する機会も多くみられるので、騎手の勢いを借りて初桂冠となるかもしれません。