スポンサーリンク

【金鯱賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

金鯱賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ダノンプレミアム
2リスグラシュー
3アルアイン
4ペルシアンナイト
5エアウィンザー
6サトノワルキューレ
7クリノヤマトノオー
8ギベオン
9ムイトオブリガード
10メートルダール
11タニノフランケル
12モズカッチャン
13ショウナンバッハ
14スズカデヴィアス

 

◆クラス成績

順位馬名
1ダノンプレミアム
2エアウィンザー
3アルアイン
4リスグラシュー
5ペルシアンナイト
6モズカッチャン
7ギベオン
8クリノヤマトノオー
9サトノワルキューレ
10メートルダール
11ムイトオブリガード
12タニノフランケル
13ショウナンバッハ
14スズカデヴィアス

 

◆近走成績

順位馬名
1ダノンプレミアム
2エアウィンザー
3ムイトオブリガード
4アルアイン
5リスグラシュー
6クリノヤマトノオー
7タニノフランケル
8サトノワルキューレ
9ペルシアンナイト
10ギベオン
11スズカデヴィアス
12メートルダール
13モズカッチャン
14ショウナンバッハ

 

 

2.総評

中山記念も豪華でしたが、こちらも最早GⅠといいってもいいくらいの顔ぶれ。それでも大阪杯のステップレースだけあって、ここから始動する馬も多く、能力だけでは推しはかれないレースとなりそうです。

全体評価はダノンプレミアムが抜けていますが、純粋に約9ヶ月ぶりの競馬で2歳のときの輝きを取り戻せるかどうかは疑問。出来という点では一番気を配りたい馬ですね。

ポン駆けが効くという意味では、リスグラシューとアルアインに注目。

リスグラシューは、使われて良くなるというよりはフレッシュな方が走る馬で、今のところ休み明けで馬券圏外はなし。昨年はエリザベス女王杯を勝利し香港ヴァーズでも2着するなど、充実期にあるのでここも好走しそうです。アルアインも休み明けで大きく崩れることは少なく、大型馬ではありますがいきなりでも力は発揮できるタイプ。前走は距離短縮のマイルCSで3着と戦しましたが、距離を戻して勝ち切れるかどうか。どうしても切れ負けする馬なので、パワーが求められる中京は合いそうです。

新興勢力のなかでは、エアウインザーが注目を集めるでしょうが、前走のチャレンジCより相手が強くなるなかでどこまでやれるかがポイント。これまではスローの瞬発力勝負の中で勝ちあがってきただけに、ペースが激しくなったときに対応できるかは少し気になります。

 

 

3.おまけ

3/9(土)のポラリスSとトリトンSの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

3/9 阪神11R ポラリスS

最強競馬ブログランキングへ

 

3/9 中京11R トリトンS

中央競馬ランキング