スポンサーリンク

【中山牝馬S】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

中山牝馬Sの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ノームコア
2フローレスマジック
3ミッキーチャーム
4ワンブレスアウェイ
5ウラヌスチャーム
6フロンティアクイーン
7カリビアンゴールド
8クロコスミア
9ランドネ
10アドマイヤリード
11アッフィラート
12カワキタエンカ
13デンコウアンジュ
14ウインファビラス
15レイホーロマンス

 

◆クラス成績

順位馬名
1ミッキーチャーム
2ノームコア
3フローレスマジック
4フロンティアクイーン
5クロコスミア
6ワンブレスアウェイ
7レイホーロマンス
8ウラヌスチャーム
9ランドネ
10デンコウアンジュ
11アドマイヤリード
12カワキタエンカ
13ウインファビラス
14アッフィラート
15カリビアンゴールド

 

◆近走成績

順位馬名
1ミッキーチャーム
2ウラヌスチャーム
3ノームコア
4カリビアンゴールド
5フローレスマジック
6フロンティアクイーン
7ランドネ
8アッフィラート
9ワンブレスアウェイ
10クロコスミア
11ウインファビラス
12アドマイヤリード
13デンコウアンジュ
14レイホーロマンス
15カワキタエンカ

 

 

2.総評

近年は愛知杯組が1頭は馬券になっているなかで、今回は1~4着と7着馬の計5頭が登録。

1着のワンブレスアウェイは、スタートが決まりこれまでの鬱憤を晴らすかのような勝ちっぷりでした。昨年は11着でしたが、中山の同条件で勝ち星があるので、適性がない訳ではなさそう。スタートの不安が払しょくできているなら、昨年より確実に前進してくれそうです。逆に出遅れが響いて2着のノームコアは、中山は得意の舞台だけに巻き返したいところ。乗り替わりは引っ掛かりますが、個人的には詰めの甘さがそれ以上に気になります。差しに回っても押し切りに出ても何かにやられそうなイメージです。

別路線から注目はやはりミッキーチャームでしょうか。秋華賞では一瞬勝ちを期待させる内容で、只々相手が悪かったの一言。今回は同型も何頭かいて、展開面では厳しい戦いになりそうですが、ここを勝てば牝馬路線の中心になるでしょう。

復調気配のアドマイヤリードデンコウアンジュに香港帰りのクロコスミアなど、役者はそろっているので面白いレースになりそうです。

 

 

3.おまけ

3/9(土)のポラリスSとトリトンSの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

3/9 阪神11R ポラリスS

最強競馬ブログランキングへ

 

3/9 中京11R トリトンS

中央競馬ランキング