スポンサーリンク

【チューリップ賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

チューリップ賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ダノンファンタジー
2ココフィーユ
3メイショウショウブ
4ブランノワール
5ノーブルスコア
6シェーングランツ
7タニノミッション
8ドナウデルタ
9シゲルピンクダイヤ
10アフランシール
11シャドウディーヴァ
12マルモネオフォース
13ブリッツアウェイ
14オーパキャマラード
15サムシングジャスト
16ハニーウィル

 

◆クラス成績

順位馬名
1ダノンファンタジー
2ブランノワール
3シェーングランツ
4ノーブルスコア
5ココフィーユ
6メイショウショウブ
7オーパキャマラード
8アフランシール
9タニノミッション
10ドナウデルタ
11サムシングジャスト
12シゲルピンクダイヤ
13シャドウディーヴァ
14ハニーウィル
15ブリッツアウェイ
16マルモネオフォース

 

◆近走成績

順位馬名
1ダノンファンタジー
2ココフィーユ
3シゲルピンクダイヤ
4メイショウショウブ
5ノーブルスコア
6マルモネオフォース
7シェーングランツ
8シャドウディーヴァ
9ブランノワール
10ブリッツアウェイ
11タニノミッション
12アフランシール
13ドナウデルタ
14オーパキャマラード
15ハニーウィル
16サムシングジャスト

 

 

2.総評

3歳戦の重賞、オープン特別が着々と消化され、徐々に序列も定まってきたように思います。牝馬においては、阪神JF上位馬と朝日杯FS2着のグランアレグリアが抜けている印象で、こと桜花賞では、これらの馬で決まりそうな雰囲気さえ感じています。

本レースに登録しているダノンファンタジーは、改めて説明する必要もなく、阪神JFを勝っているので能力、適性も高く3つのファクターで1位を獲得。久々は懸念材料になり得ますが、テンションや馬体重に大きな変化がなければ崩れないのではないでしょうか。距離もオークスよりは桜花賞だと思うので、ある程度仕上げてくるはず。

シェーングランツは、父がディープインパクトに変わって姉のソウルスターリングより瞬発力に秀でていますが、それでも阪神JFではダノンファンタジーに切れ負け。東京のような直線の長いコースなら可能性はありますが、同じ条件で同じ競馬をするようなら逆転までは難しい気がします。その点、メイショウショウブは、脚質的にこれらの馬の前で勝負できるのが強み。阪神JFでは最後たれましたが、馬場状態が引き続き良好であれば、見せ場はありそう。

 

 

3.おまけ

3/3(日)の大宰府特別と大阪城Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

3/3 小倉11R 大宰府特別

最強競馬ブログランキングへ

 

3/3 阪神11R 大阪城S

中央競馬ランキング