【府中牝馬S】2018年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。
府中牝馬Sの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

10月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11クロコスミア牝555.0岩田康
22フロンテアクイーン牝554.0蛯名正
33ソウルスターリング牝455.0北村宏
44ディアドラ牝456.0Cルメ
55キョウワゼノビア牝554.0田中勝
66ジュールポレール牝556.0幸英明
67メイズオブオナー牝454.0福永祐
78アドマイヤリード牝555.0田辺裕
79カワキタエンカ牝454.0池添謙
810リスグラシュー牝454.0Mデム
811ミスパンテール牝455.0横山典

 

 

3. 馬場状態

土曜日の予報は曇り。降水確率は40%とドンヨリしていますが、多少の雨なら良でできそうです。

芝の状態も良好で、引き続き時計の出そうな馬場です。

 

 

4. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

クロコスミア

カワキタエンカ

 

先行:3頭

ソウルスターリング

ジュールポレール

メイズオブオナー

 

差し:6頭

フロンティアクイーン

ディアドラ

キョウワゼノビア

アドマイヤリード

リスグラシュー

ミスパンテール

 

追込み:なし

 

カワキタエンカとクロコスミアの逃げ。スタート直後にコーナーがあるので、スタートが五分なら枠の利を活かしてクロコスミアがハナを奪いそう。カワキタエンカは無理にでも逃げた方がいいタイプだが。。。

馬場の状態もあるので、個人的には積極的に行くと考えている。ペースはミドルペースくらいになりそうです。

 

 

5. 短評・取捨選択

リスグラシュー ◎

1800mはローズS以来となりますが、特に長いという訳でもなく今年の充実ぶりなら問題にならないでしょう。前走の安田記念の出来は、どう考えてもヴィクトリアマイルに比べて見劣りし、使いづめの影響を感じずにはいられなかった。リフレッシュして挑む今回は勝ち負けだろう。

 

ジュールポレール ○

本番はマイルCSだとわかっていても、人気がなさすぎやしませんか?

東京はヴィクトリアマイルの2戦だけですが、周知の通り1勝と3着1回。距離もマイル前後は問題ありません。位置取りも前に付けられるも、今の馬場なら心強い。

 

ソウルスターリング ▲

前走のクイーンSで復調の兆し。しかし、まだ信用はできずこの印。東京の芝1800mは毎日王冠の嫌なイメージがありますが、今回は前に2頭ほどいるので折り合いに専念すれば、復活もあるか。

 

ディアドラ ★

前走はまくり気味に上がって来て直線で他馬を置き去りに。力は説明するまでもなくここでも上位です。ただ、東京の成績がいま一つなのが引っ掛かってこの評価です。

 

カワキタエンカ △

1800mに良積が集中しており、自分の形に持ち込めれば一発あっていい。内にクロコスミアを置いての外枠は厳しく、行った場合は玉砕覚悟になりそうなので頭では狙いづらいが3着付けなら面白そう。

 

 

6. 買い目

ここは本命と対抗のワイドの1点で。

 

ワイド:⑥‐⑩ 1,000円

 

計:1,000円