【紫苑S】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。
紫苑Sの予想です。

 

 

1. 今月の収支

9月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11マウレア牝354.0武豊
12オハナ牝354.0石橋脩
23パイオニアバイオ牝354.0木幡巧
24サラス牝354.0田辺裕
35ロサグラウカ牝354.0石川裕
36クイーングラス牝354.0丸田恭
47メサルティム牝354.0内田博
48(外)ランドネ牝354.0吉田隼
59カレンシリエージョ牝354.0松山弘
510ロマンテソーロ牝354.0北村宏
611ハーレムライン牝354.0大野拓
612アヴィオール牝354.0戸崎圭
713ホクセンジョウオー牝354.0菊沢一
714ノームコア牝354.0Cルメ
815レッドベルローズ牝354.0三浦皇
816ロフティフレーズ牝354.0松岡正

 

 

3. 馬場状態

今週から舞台は中山・阪神の2場開催。

金曜日時点では、芝・ダートとも良発表ですが、芝は4コーナーの含水率は11.5%、ゴール前が11.1%と稍重よりです。

土曜日の降水確率も40%と、どっちつかずの数字で開催初日ですが多少渋った馬場になりそうです。

 

野芝の開幕週なら時計が出るのが通例ですが、慎重派の方は何レースか様子を見てから馬券購入することをおすすめします。

 

 

4. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

ホクセンジョウオー

ランドネ

 

先行:8頭

パイオニアバイオ

ロサグラウカ

クイーングラス

メルサティム

カレンシリエージョ

ハーレムライン

アヴィオール

ノームコア

 

差し:6頭

マウレア

オハナ

サラス

ロマンテソーロ

レッドベルローズ

ロフティフレーズ

 

追込み:なし

 

ホクセンジョウオーが果敢に逃げて、ランドネがその後ろにいるような隊列。

ここ数年はハイペースというよりは、スロー~ミドルの瞬発力勝負の印象が強いですが、開幕週ならある程度前目のポジションは必要でしょう。

馬場次第ですが。

 

ホクセンジョウオーが逃げるペースなら追走はそこまで厳しくないでしょうし、ミドルペースくらいを想定しています。

 

 

 

5. 短評・取捨選択

ノームコア ◎

騎手で人気にはなりそうですが、このメンバーなら能力も実績も上位で買う要素あり。

フローラSは3着でしたが、負けた相手を物差しにすればマウレアとも差はないと考えています。

中山替りもプラス。

 

パイオニアバイオ ○

フローラS組からもう一頭。

選択理由はノームコアとだいたい同じになりますが、前に行ってしぶといのが魅力。

 

レッドベルローズ ▲

中山芝2000mの時計はメンバー中1番で、そこそこ速い上がりも使える馬。

スピード能力は高そうで、時計の速い馬場なら好勝負できる。

好位からまとめて先行勢を差し切る可能性もあり。

 

マウレア ★

オークスは距離が長いこともあって5着止まり。

1~3着馬とは力差を感じましたが、距離短縮と相手が一気に楽になるならここはチャンスでしょう。

個人的にはマイラーの印象が強く、距離適性が未知ということで評価を下げます。

 

メサルティム △

フラワーC6着からの参戦。

当時は絶好のポジションから直線置いていかれてしまいましたが、馬場を気にしていたというコメントがあるので、秋の軽い芝になれば走りは変わってきそう。

 

クイーングラス △

500万下さえ勝ち切れていませんが、メンバー2位のコースタイムは持っています。

時計が早くなれば3着はあるでしょうか。

 

 

6. 買い目

3連複のフォーメーションを購入。

 

3連複フォーメーション:⑭-③⑮-①③⑥⑦⑮ 各100円

計:700円