【ラジオNIKKEI賞】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ラジオNIKKEI賞の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

7月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11ロードアクシス牡354.0酒井学
22メイショウテッコン牡356.0松山弘
33キューグレーダー牡353.0田辺裕
44マイハートビート牡354.0石川裕
45ケイティクレバー牡356.0小林徹
56フィエールマン牡354.0石橋脩
57キボウノダイチ牡353.0戸崎圭
68エイムアンドエンド牡353.0大野拓
69マルターズルーメン牝349.0武藤雅
710イェッツト牡354.0蛯名正
711シセイヒテン牡352.0伊藤工
812ロードライト牝351.0嶋田純
813グレンガリー牡354.0津村明

 

 

3. 過去データ

掲載の過去10年データには、2011年(中山開催)が含まれております。ご容赦下さい。

 

3-1. 枠番

1枠1-0-1-16/18
2枠2-3-4-9/18
3枠1-1-2-15/19
4枠0-1-0-18/19
5枠1-1-0-18/20
6枠2-3-0-14/19
7枠1-0-0-19/20
8枠2-1-3-14/20

 

2枠が連対率、3着内率ともに抜けた数字ですが、内外でみればそこまで差はないように見えます。

 

 

3-2. 人気・配当

ラジオNIKKEI賞の過去配当

1番人気2-2-2-4/10
2番人気3-1-1-5/10
3番人気1-1-0-8/10
4番人気0-1-0-9/10
5番人気2-0-2-6/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気0-0-1-9/10
8番人気2-1-0-7/10
9番人気0-1-1-8/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-1-9/10
13番人気0-1-0-8/9
14番人気0-1-0-7/8
15番人気0-0-0-8/8
16番人気0-0-1-7/8

 

1番人気の3着内率は60%とまずまず。

2番人気も同等の数字を残していますが、この2頭が馬券に絡むケースは少ない。

それが配当にも表れていて、3連単は過去10年全て万馬券と波乱の多いレースです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m3-3-2-19/27
1600m3-2-5-42/52
1800m2-4-2-34/42
2400m2-1-0-16/19
1400m0-0-1-3/4
1200m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
2300m0-0-0-1/1
2200m0-0-0-6/6
プリンシパル2-2-2-9/15
青葉賞2-0-0-4/6
エーデルワイ2-0-0-8/10
稲村ヶ崎特別1-0-0-0/1
早苗賞1-0-0-4/5
白百合S0-4-0-12/16
NHKマイル0-1-3-6/10
優駿牝馬0-1-0-2/3
夏木立賞0-1-0-2/3
江の島特別0-0-2-3/5
葵ステークス0-0-1-0/1

 

前走距離は延長組より短縮組のほうが好走する傾向にあるようです。

前走レースを眺めれば、プリンシパルSや青葉賞などクラシックに挑戦したかったけど手が届かなかった馬の成績がいいようです。

 

 

4. 馬場状態

福島の芝は良馬場発表。

土曜日の印象だと先行馬有利です。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:3頭

メイショウテッコン

ケイティクレバー

シセイヒデン

 

先行:5頭

ロードアクシス

キューグレーダー

キボウノダイチ

エイムアンドエイド

マルターズルーメン

 

差し:5頭

マイハートビート

フェイエールマン

イェッツト

ロードライト

グレンガリー

 

追込み:なし

 

逃げ馬が数頭いるなかでハナを切りそうなのはメイショウイッコン。

単独で逃げた時は成績が安定しているので拘りたいところではないでしょうか。

ケイティクレバーは控えても問題ないタイプですが、今の福島は行ききった方がいいので、この馬も出していくでしょう。

先行馬も多く、ペースは前傾しそうでハイペースを想定しています。

 

 

6. 短評・取捨選択

イエッツト ◎

前走のプリンシパルSを3着。

ダービーの切符を逃した訳ですが、京成杯を3着するなど重賞を勝つだけの力はあるでしょう。

秋のことを考えれば、ここは何がなんでも勝ちたいところ。

 

グレンガリー ○

重賞は初挑戦ですが、3戦2勝とまだ奥がありそう。

福島の芝1800mも経験済みで、1戦とはいえどアドバンテージにならないか。

土曜日2勝と調子の良さそうな鞍上も魅力。

 

シセイヒテン ▲

まだ500万下と格上挑戦になりますが、逃げても終盤衰えない脚は警戒。

重賞のペースでどうなるか不安ありますが、展開次第では残る可能性あり。

 

キューグレイダー ★

前走で500万下を卒業。この馬も4戦2勝と楽しみな馬。

瞬発力勝負よりも、タフな展開のほうが向いている印象。

前が総崩れになった時に台頭か。

 

ロードアクシス △

ブレイクランアウトの数少ない孝行馬になるか。

重賞では力不足なのは否めませんが、小回りコースで一瞬の脚を使う競馬は合ってそう。

 

フェイエールマン △

前評判どおりならあっさりでしょうが、ゲートに不安あり。

直線が短いので差し届かずのパターンを願ってこの印(笑)

 

 

7. 買い目

本命から3連複ながしを購入。

 

3連複1頭軸ながし:⑩-①③⑥⑪⑬ 各100円

計:1,000円