【鳴尾記念】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

鳴尾記念の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

6月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名
11ヤマカツライデン
22トリオンフ
33モンドインテロ
44テイエムイナズマ
55トリコロールブルー
66マルターズアポジー
67ナスノセイカン
78(外)ストロングタイタン
79タツゴウゲキ
810ストレンジクォーク
811サトノノブレス

 

 

3. 過去データ

今の条件になったのは2012年からですが、配当以外は過去10年のデータを掲載しています。

条件変更前のデータが含まれますが、ご容赦下さい。

 

3-1. 枠番

1枠0-0-0-12/12
2枠0-1-2-9/12
3枠1-0-1-12/14
4枠0-1-2-12/15
5枠1-1-1-14/17
6枠0-1-1-16/18
7枠0-6-3-11/20
8枠8-0-0-13/21

 

条件が変わる前も後も8枠が好走する傾向にあるようです。

ただ、2着以下がないのは少し気になるところ。

 

 

3-2. 人気・配当

鳴尾記念の過去配当

1番人気2-3-1-4/10
2番人気3-1-1-5/10
3番人気2-1-1-6/10
4番人気1-1-2-6/10
5番人気0-0-1-9/10
6番人気1-1-0-8/10
7番人気1-1-1-7/10
8番人気0-1-0-9/10
9番人気0-1-0-9/10
10番人気0-0-1-9/10
11番人気0-0-0-8/8
12番人気0-0-0-7/7
13番人気0-0-2-3/5
14番人気0-0-0-4/4
15番人気0-0-0-2/2
16番人気0-0-0-2/2
17番人気0-0-0-1/1

 

1番人気は2勝のみですが、条件が変わる前の成績。

3着内率は過去10年では60%。

2番人気も似たような数字です。

 

勝ち馬は7番人気までで、連対なら9番人気まで。

配当に波はありますが、3連単が10万馬券を超えるケースも多く、高配当を狙うならこのグループから狙ってみるか。

 

 

3-3. 前走距離・レース

1800m3-3-2-24/32
2000m2-3-6-37/48
3200m2-0-0-1/3
1400m1-0-0-0/1
2200m1-0-0-4/5
2400m1-0-0-4/5
3000m0-2-1-4/7
2500m0-1-1-9/11
1600m0-1-0-13/14
3400m0-0-0-1/1
1900m0-0-0-2/2
中山記念2-0-0-0/2
天皇賞(春)2-0-0-1/3
京王杯SC1-0-0-0/1
京都新聞杯1-0-0-0/1
八坂S1-0-0-0/1
東京優駿1-0-0-0/1
福島民報杯1-0-0-1/2
天皇賞(秋)1-0-0-2/3
菊花賞0-2-1-4/7
新潟大賞典0-1-3-12/16
産経大阪杯0-1-1-5/7
都大路S0-1-1-12/14
ヴィクトリア0-1-0-0/1
香港カップ0-1-0-0/1
小倉大賞典0-1-0-1/2
カシオペアS0-1-0-5/6
アルゼンチン0-1-0-6/7
アンドロメダ0-0-2-5/7
トパーズS0-0-1-1/2
日経賞0-0-1-2/3

 

条件替わりで様々なローテーションは様々ですが、近年の傾向を強いて言えば天皇賞・春と新潟大賞典組が好走傾向。

 

 

3-4. 年齢

3歳2-2-3-6/13
4歳1-3-3-11/18
5歳4-2-1-21/28
6歳3-1-2-30/36
7歳0-2-1-18/21
8歳0-0-0-10/10
9歳0-0-0-3/3

 

データ上、3歳と4歳に勢いがある印象ですが、これはいずれも2011年のデータ傾向によるもの。

過去6年でいえば、6歳馬が2勝、5歳馬が3勝とこちらが中心。

 

 

4. 馬場状態

今朝の発表では芝は良馬場場。

芝の傷みもだいぶ修復されたようなので、開幕週の今回は前が止まらないのでは。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

ヤマカツライデン

マスターズアポジー

 

先行:5頭

トリオンフ

ストロングタイタン

タツゴウゲキ

ストレンジクォーク

サトノノブレス

 

差し:4頭

モンドインテロ

テイエムイナズマ

トリコロールブルー

ナスノセイカン

 

追込み:なし

 

ヤマカツライデンとマスターズアポジーの逃げ馬2頭がいるので、ペースはそんなに緩くならないと考えます。

前への意識も高くなりそうなので、ペースはミドルを想定して予想します。

 

 

6. 短評・取捨選択

トリコロールブルー ◎

過去6年で4歳馬の活躍はイマイチですが、前走の大阪城Sで重賞やオープン常連のグァンチャーレを破ったので、GⅢなら力不足ということはないはず。

 

トリオンフ ○

GⅠでは力は足りませんが、斤量差もなく力関係が楽になる今回は中心視。

 

タツゴウゲキ ▲

長期休養明けがカギで、久々はプラスになりませんが、重賞2勝している馬なので能力的には差はない。

当日の馬体重やテンションは要チェック。

 

ストロングタイタン ★

昨年の小倉大賞典で1番人気になるような馬なので、力はここでも引けをとらないはず。

距離は得意なので、初の阪神がどうでるか。

 

ストレンジクォーク △

重賞となると勝ちきるイメージは湧かないですが、2走前の中山金杯で3着があったように食い込む可能性はありそう。

距離も今回の方が断然いい。

 

サトノノブレス △

歳はとりましたが、実績を考えれば馬鹿にはできない。

金鯱賞の走りができれば3着はあってもいい。

 

 

7. 買い目

6月初戦は前月から少し趣向を変えて3連複。

人気どおりに来られるとトリガミ発生ですが、それがないことを願って。

 

3連複1頭軸:⑤-②⑧⑨⑩⑪ 各100円

計:1,000円