スポンサーリンク

【目黒記念】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

目黒記念の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

5月の収支

 

ダービーを勝負レースにしたので、このレースの購入は見送りです。

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11ホウオウドリーム牡454.0田辺裕
12ゼーヴィント牡557.5戸崎圭
23ウインテンダネス牡554.0内田博
24ノーブルマーズ牡555.0高倉稜
35サウンズオブアース牡758.0Hボウ
36ヴォージュ牡554.0藤岡康
47ハッピーモーメント牡854.0三浦皇
48パフォーマプロミス牡656.0Mデム
59ブライトバローズ牡654.0石橋脩
510チェスナットコート牡456.0蛯名正
611ソールインパクト牡654.0福永祐
612トウシンモンステラ牡852.0丸山元
713コウキチョウサン牡551.0石川裕
714フェイムゲームセ859.0Cルメ
815(地)リッジマン牡552.0松岡正
816ポポカテペトル牡455.0川田将

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠1-2-3-13/19
2枠2-0-1-16/19
3枠1-2-0-16/19
4枠1-0-1-17/19
5枠0-2-2-16/20
6枠1-1-2-15/19
7枠3-0-0-25/28
8枠1-3-1-23/28

 

1枠の3着内率が約31.5%と他の枠に比べて優秀な成績。

それ以外では、5枠で勝ち馬が出ていませんが、3着内率でみるとほぼフラットな印象です。

 

 

3-2. 人気・配当

目黒記念の過去配当

1番人気1-5-1-3/10
2番人気0-1-1-8/10
3番人気2-0-1-7/10
4番人気1-1-1-7/10
5番人気1-0-0-9/10
6番人気0-0-2-8/10
7番人気1-1-1-7/10
8番人気3-0-1-6/10
9番人気0-1-0-9/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気1-0-0-9/10
12番人気0-1-0-9/10
13番人気0-0-1-8/9
14番人気0-0-0-9/9
15番人気0-0-0-9/9
16番人気0-0-0-9/9
17番人気0-0-1-7/8
18番人気0-0-0-7/7

 

荒れる重賞のイメージが強いですが、1番人気の3着内率は70%と悪くない。

当然といわれればそれまでですが、配当を押し上げているのは1着が1度しかないことが原因。

ここを復軸に人気のないところに流すのがよさそう。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2400m5-3-4-53/65
2000m2-3-1-26/32
3200m2-2-1-21/26
3400m1-0-1-0/2
2500m0-1-3-9/13
2200m0-1-0-8/9
2600m0-0-0-1/1
3600m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-3/3
1600m0-0-0-4/4
3000m0-0-0-6/6
1800m0-0-0-9/9

 

メトロポリタ2-2-3-34/41
天皇賞(春)2-2-1-20/25
大―ハンC2-1-1-6/10
新潟大賞典2-0-1-13/16
ダイヤモンド1-0-1-0/2
烏丸S1-0-0-3/4
W八代開設0-1-0-0/1
福島民報杯0-1-0-1/2
府中S0-1-0-2/3
日経賞0-1-0-3/4
AJCC0-1-0-3/4
有馬記念0-0-2-0/2
安房特別0-0-1-0/1

 

前走が中長距離のレースだった馬が中心にみえますが、2000mから参戦した馬の名前を見るとヒットザターゲットやミヤビランベリなど、2000m以上で実績のある馬が多い。

スタミナは必須。

 

天皇賞・春や東京芝2400m以上のレースに出ている馬が好走する傾向にあります。

 

 

4. 馬場状態

ダービーの記事でも書きましたが、芝は良馬場。

スタミナ勝負ではありますが、最後に末脚がしっかりしている馬がいいでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ノーブルマーズ

 

先行:5頭

ゼーヴィント

ヴォージュ

ハッピーモーメント

パフォーマプロミス

ポポカテペトル

 

差し:9頭

ウインテンダネス

サウンズオブアース

ブライトバロース

チェスナットコート

ソールインパクト

トウシンモンステラ

コウキチョウサン

フェイエゲーム

リッジマン

 

追込み:なし

 

逃げ馬にカウントしたノーブルマーズは積極的にいく馬でもないので、他にいなければハナに立つ感じ。

他にいくとすればハッピーモーメントくらいか。

いずれにせよペースは落ち着きそうで、スローペースを想定します。

 

 

6. 短評・取捨選択

チェスナットコート ◎

天皇賞・春5着が示すとおり、今年に入って成長著しく重賞が狙える位置に来た印象。

前走は初の58キロが駄目だったのかいつもの切れはありませんでしたが、斤量が56キロなら直線はもっと伸びる。

 

ポポカテペトル ○

菊花賞3着は伊達ではないというか、スタミナ勝負になれば強い。

3走前に本命馬に負けてますが、斤量差が逆にもらえる今回は逆転まである。

 

ノーブルマーズ ▲

重賞では力不足も前走のメトロポリタンSのような走りができれば面白い。

 

フェイエゲーム △

昨年は58キロでV。今年は59キロになるので簡単ではないでしょうが、得意で実績のある舞台なので押える必要はあり。

 

ソールインパクト △

この馬は斤量差を活かして前目で粘りこむ競馬しかないでしょう。

昨年、同じ舞台のアルゼンチン共和国杯で2着しているので飛び付きたい衝動にかられますが、昨年ほどのパフォーマンスが出せるかは近走の内容から疑問。

でも3着はありそう。。。

 

ウインテンダネス △

前走は逃げるかたちになりましたが、仕舞伸びていたのは近走と変わらず強い競馬をしたと思います。

もちろん相手は数段強くなりますが、ペースや戦術次第でチャンスはありそう。