競馬を「考える」ブログ

【平安S】2018年 予想

 
予想

こんにちは。たいらーです。

平安Sの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

5月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ミツバ 牡6 57.0 松山弘
1 2 コスモカナディアン 牡5 56.0 丹内祐
2 3 クリノスターオー 牡8 56.0 幸英明
2 4 サンマルデューク 牡9 56.0 武士沢
3 5 テイエムジンソク 牡6 58.0 古川吉
3 6 グレイトパール 牡5 57.0 川田将
4 7 アスカノロマン 牡7 57.0 太宰啓
4 8 メイショウスミトモ 牡7 58.0 和田竜
5 9 サンライズソア 牡4 57.0 Mデム
5 10 クインズサターン 牡5 56.0 四位洋
6 11 プリンシアコメータ 牝5 54.0 岩田康
6 12 メイショウウタゲ 牡7 56.0 武豊
7 13 ナムラアラシ 牡5 56.0 福永祐
7 14 クイーンマンボ 牝4 55.0 Cルメ
8 15 トップディーヴォ 牡6 56.0 田中勝
8 16 マイティティー 牝6 54.0 岩崎翼

 

 

3. 過去データ

2013年からは距離が1900mになり、傾向に変化があると思われます。

ただ過去配当以外のデータは10年分になりますので、その点はご留意ください。

 

3-1. 枠番

1枠 3-0-1-14/18
2枠 2-2-0-15/19
3枠 0-1-3-14/18
4枠 1-2-1-16/20
5枠 2-1-2-15/20
6枠 1-2-1-16/20
7枠 0-0-1-19/20
8枠 1-2-1-16/20

 

1枠が3勝していますが、3着内率でみればあまり有利不利は見られない。

ただ、なぜか7枠だけが成績が悪く3着が1度だけとなっています。

 

 

3-2. 人気・配当

平安Sの過去配当

1番人気 3-4-0-3/10
2番人気 1-0-0-9/10
3番人気 1-3-0-6/10
4番人気 1-0-3-6/10
5番人気 1-0-4-5/10
6番人気 1-1-1-7/10
7番人気 0-1-1-8/10
8番人気 0-1-0-9/10
9番人気 0-0-0-10/10
10番人気 1-0-0-9/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 1-0-0-9/10
13番人気 0-0-0-9/9
14番人気 0-0-0-9/9
15番人気 0-0-1-8/9
16番人気 0-0-0-8/8

 

1番人気が3勝、7連対と軸として信頼できる数字。

その3勝は過去5年と条件が変わってからで、逆に条件変更後は2着がない。

 

1番人気以外は数字に差は見られず、2番人気など上位人気の信頼度は低い。

配当にも表れていますが、相手選びが重要になりそうです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

1800m 5-8-5-70
2000m 3-1-1-9
1600m 1-0-1-5
2500m 1-0-0-3
2400m 0-1-0-3
2100m 0-0-2-15
1700m 0-0-1-1
1200m 0-0-0-1
2930m 0-0-0-1
3000m 0-0-0-1
1900m 0-0-0-5
1400m 0-0-0-11
アンタレスS 3-3-2-25/33
東京大賞典 1-1-0-0/2
JCダート 1-1-0-4/6
ベテルギウス 1-0-1-7/9
みやこS 1-0-0-0/1
フェブラリー 1-0-0-0/1
仁川S 1-0-0-1/2
名古屋GP 1-0-0-3/4
師走S 0-1-2-14/17
初夢S 0-1-1-1/3
トパーズS 0-1-0-2/3
マーチS 0-1-0-2/3
ダイオライト 0-1-0-3/4
ブリリアント 0-0-2-9/11
エルムS 0-0-1-0/1
マリーンC 0-0-1-0/1

 

ダート1900mは特殊な舞台ではありますが、1800mや2000mなど中距離を中心に使われてきた馬の好走が目立ちます。

ローテーションの中心はアンタレスSで、過去5年でみるとその傾向は強まった印象です。

 

 

3-4. 年齢

4歳 2-2-2-31/37
5歳 4-3-2-29/38
6歳 2-3-3-34/42
7歳 1-2-2-19/24
8歳 1-0-1-9/11
9歳 0-0-0-3/3

 

5歳馬が勝ち星では頭ひとつ抜けていますが、3着内率では9歳を除いて世代間の差はそれほどありません。

 

 

4. 馬場状態

京都は金曜日に雨が降りましたが、土曜日の朝の段階でダートは良発表です。

良ではありますが、雨の影響が残っているなら時計は早くなって先行馬有利。

午前中のレースを見たいところです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:7頭

コスモカナディアン

クリノスターオー

テイエムジンソク

グレイトパール

アスカノロマン

サンライズソア

プリンシアコメータ

 

差し:7頭

ミツバ

メイショウスミトモ

クイーンズサターン

メイショウウダケ

クイーンズマンボ

トップディーヴォ

マイティティ

 

追込み:2頭

サンマルデゥーク

ナムラアラシ

 

逃げ馬はいませんが、テイエムジンソクやサンライズソアが前にいくでしょう。

テイエムジンソクが前に付ける場合は流れが速くなる傾向にあるので、ペースはハイペースを想定して予想したいと思います。

 

 

6. 短評・取捨選択

グレイトパール ◎

久々だった前走のアンタレスSが強い勝ち方でした。

距離やコースも問題ないので、反動がなければ順当に勝ってくれそうです。

 

トップディーヴォ ○

昨年から重賞でも安定して走っている点に好感が持てます。

グレイトパールやテイエムジンソクを除けば能力的には差のないメンバーで、テイエムジンソクがフェブラリーS敗後の復帰戦なので付け入るスキはありそう。

 

ナムラアラシ ▲

後方一気の脚質が今回ハマるかは疑問ですが、末脚は堅実で重賞でも通用しそうなものがあります。

溜めないと切れないタイプだと思いますが、もう一列前か早めの仕掛けを希望。

 

テイエムジンソク △

フェブラリーSでは惨敗でしたが、マイルのペースについていけなかったことを考えれば得意の中距離に戻って見直しは必要。

秋に向けて活躍できるかは、このレースが鍵になる。

 

クイーンズサターン △

マーチSあたりから柔軟な立ち回りができるようになったことは心強いです。

前走は控えて直線強襲の3着。依然として状態は良さそうなので立ち回り次第で上位進出かのうかも。

 

ミツバ △

揉まれ弱いところがあるようで1枠がどうでるかですが、能力上位なので抑えておく必要あり。

 

7. 買い目

グレイトパールが被り気味なので、単複勝負ではなく対抗とのワイドを購入。

 

ワイド:⑥‐⑮ 500円

計:500円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.