競馬を「考える」ブログ

【NHKマイル】2018年 予想

 
予想

こんにちは。たいらーです。

NHKマイルの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

5月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 カツジ 牡3 57.0 松山弘
1 2 ファストアプローチ 牡3 57.0 蛯名正
2 3 テトラドラクマ 牝3 55.0 田辺裕
2 4 フロンティア 牡3 57.0 内田博
3 5 プリモシーン 牝3 55.0 戸崎圭
3 6 (外)リョーノテソーロ 牡3 57.0 吉田隼
4 7 タワーオブロンドン 牡3 57.0 Cルメ
4 8 ダノンスマッシュ 牡3 57.0 北村友
5 9 ギベオン 牡3 57.0 Mデム
5 10 パクスアメリカーナ 牡3 57.0 川田将
6 11 ケイアイノーテック 牡3 57.0 藤岡佑
6 12 アンコールプリュ 牝3 55.0 藤岡康
7 13 ルーカス 牡3 57.0 Hボウ
7 14 (外)デルタバローズ 牡3 57.0 石橋脩
7 15 カシアス 牡3 57.0 浜中俊
8 16 (外)ミスターメロディ 牡3 57.0 福永祐
8 17 レッドヴェイロン 牡3 57.0 岩田康
8 18 ロックディスタウン 牝3 55.0 池添謙

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 0-2-2-16/20
2枠 2-0-1-17/20
3枠 1-2-1-16/20
4枠 2-0-0-18/20
5枠 2-1-1-16/20
6枠 0-0-3-17/20
7枠 2-2-1-25/30
8枠 1-3-1-25/30

 

3着内率は1・3・5枠が並んでトップですが、数字を見る限りは枠による有利不利はないようです。

 

 

3-2. 人気・配当

NHKマイルの過去配当

1番人気 6-0-0-4/10
2番人気 1-2-1-6/10
3番人気 1-2-1-6/10
4番人気 0-1-1-8/10
5番人気 0-2-0-8/10
6番人気 0-1-1-8/10
7番人気 0-0-0-10/10
8番人気 0-0-1-9/10
9番人気 0-0-0-10/10
10番人気 2-0-0-8/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-2-8/10
13番人気 0-1-1-8/10
14番人気 0-0-1-9/10
15番人気 0-0-1-9/10
16番人気 0-0-0-10/10
17番人気 0-1-0-9/10
18番人気 0-0-0-10/10

 

1番人気の3着内率は60%とまずます。

高配当のインパクトが強いですが、2~3番人気も40%と仕事はしてないことはない。

 

問題は相手探しになりそうで、7~9番人気より思い切って10番人気以下からチョイスするのがポイントか。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 1-2-4-17/24
1800m 2-4-1-15/22
1600m 7-2-4-76/89
1400m 0-2-0-35/37
1200m 0-0-1-7/8
NZT 4-1-4-55/64
毎日杯 2-1-0-7/10
桜花賞 2-0-0-10/12
皐月賞 1-2-2-15/20
アーリントン 1-0-0-3/4
スプリングS 0-2-1-4/7
橘ステークス 0-1-1-14/16
アネモネS 0-1-0-0/1
フラワーC 0-1-0-1/2
ファルコンS 0-1-0-9/10
京成杯 0-0-1-0/1
報知杯弥生賞 0-0-1-1/2

 

1600m以下だった馬の好走例は少なく、前哨戦のファルコンS組は苦戦傾向。

NZT組が4勝していますが、安定感がいま一つなので皐月賞や桜花賞、毎日杯組に食指が動きます。

 

 

4. 馬場状態

日曜日も芝は良馬場で出来そう。

馬場傾向としては、先行有利で道中のポジション取りが鍵になりそうです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:8頭

カツジ

テトラドラクマ

フロンティア

パスクアメリカーナ

デルタバローズ

カシアス

ミスターメロディ

レッドヴェイロン

 

 

差し:8頭

ファストアプローチ

リョーノテソーロ

タワーオブロンドン

ダノンスマッシュ

ギベオン

ケイアイノーテック

ルーカス

ロックディスタウン

 

追込み:2頭

プリモシーン

アンコールプリュ

 

カシアス、ミスターメロディあたりが積極的に前にでる可能性はありますが、どちらも何が何でもという馬ではないです。

出たなりにレースを進めそうで、ペースはスローを想定。

 

隊列は団子になりそうな雰囲気で、それなら内で詰まるより外の動ける方がいいかもしれません。

 

 

6. 短評・取捨選択

ギベオン ◎

タワーオブロンドン、カツジに実績は見劣るものの初の重賞挑戦だった毎日杯では2着と能力は高そう。

1600mよりも長いところを使われている点も好感が持てる。

 

タワーオブロンドン ○

久々のアーリントンCを快勝。朝日杯FS3着は伊達ではありません。

距離に多少不安はありますが、人気でもメンバーを考えれば馬券圏外は考えにくい。

 

レッドヴェイロン ▲

兄弟にクラレントやレッドアリオンなど、NHKマイルで好走している血統背景が魅力。

最近、乗ってきた岩田Jの勢いも借りて上位進出がないか。

 

カツジ △

NZTで接戦を制し、重賞初制覇。

距離はこれくらいがちょうど良さそうで、相手なりに走るイメージ。

 

プリモシーン △

桜花賞は相手が悪かっただけで、フェアリーS勝ちがあるように力はある。

3走前の未勝利戦ではテトラドラクマに勝っているので、メンバー中の牝馬の中では一番能力がありそう。

 

デルタバローズ △

NZT3着ですが、他の馬に隠れて人気はなし。

2走前の京成杯の敗因を距離と仮定すれば、まだ底は見せてないのでは。

 

 

7. 買い目

印は結構堅めになったので、ここはデルタバローズの複勝1点で勝負。

 

複勝:⑭ 1,000円

計:1,000円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.