競馬を「考える」ブログ

【アーリントンC】2018年 予想

2018/04/14
 
予想

こんにちは。たいらーです。

アーリントンCの予想です。

 

阪神の芝1600mという条件は変わりませんが、今年から4月に行われることになりました。

そのあたりが今後どのように影響してくるのか分かりませんが、NHKマイルCを目指す馬にとって重要なレースであることには変わりありません。

 

 

 

1. 今月の収支

4月の収支

 

こういう状況なので、穴馬の複勝でいいのがあればいいのですが。。。

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 パクスアメリカーナ 牡3 56.0 川田将
2 2 インディチャンプ 牡3 56.0 岩田康
3 3 [地]リュウノユキナ 牡3 56.0 五十嵐
4 4 ラブカンプー 牝3 54.0 松山弘
4 5 ピースユニヴァース 牡3 56.0 武豊
5 6 タワーオブロンドン 牡3 56.0 Cルメ
5 7 アリア 牝3 54.0 幸英明
6 8 イルルーメ 牡3 56.0 松田大
6 9 ウォーターパルフェ 牡3 56.0 酒井学
7 10 (外)エアアルマス 牡3 56.0 福永祐
7 11 レッドヴェイロン 牡3 56.0 Mデム
8 12 ラセット 牡3 56.0 藤岡佑
8 13 ダノンスマッシュ 牡3 56.0 北村友

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-0-0-10/11
2枠 0-2-3-7/12
3枠 0-2-3-7/12
4枠 2-2-0-11/15
5枠 0-0-0-17/17
6枠 3-2-0-13/18
7枠 0-1-2-17/20
8枠 4-1-2-13/20

 

2・3枠の3着内率が約41.6%ありますが、勝ち馬はなし。

勝ち馬は8枠から一番出てます。

 

どういう訳だか、奇数枠は成績がぱっとせず、勝ち馬は偶数枠に偏ってます。

 

 

3-2. 人気・配当

アーリントンCの過去配当

 

1番人気 3-1-0-6/10
2番人気 1-1-0-8/10
3番人気 0-2-2-6/10
4番人気 2-0-1-7/10
5番人気 2-1-1-6/10
6番人気 1-1-2-6/10
7番人気 0-0-2-8/10
8番人気 0-0-1-9/10
9番人気 1-2-0-7/10
10番人気 0-0-1-9/10
11番人気 0-1-0-7/8
12番人気 0-1-0-7/8
13番人気 0-0-0-5/5
14番人気 0-0-0-2/2
15番人気 0-0-0-1/1
16番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気の3着内率は40%。

馬券対象は12番人気までと広く、大きく荒れることがあったかと思うとガチガチの時もあり。

これまた難解なレースです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2400m 0-0-0-1/1
2000m 0-0-0-6/6
1800m 1-0-3-15/19
1600m 5-8-5-42/60
1400m 4-1-2-26/33
1200m 0-1-0-5/6

 

前走、同じ距離である1600mだった馬が中心。

分母の数は違えど、1800mより1400mの方が成績がよいです。

 

 

4. 馬場状態

金曜日の時点では、芝は良。

土曜日の天気は、午後から崩れるようで雨の降りだしがポイントになりそうです。

雨の量にもよると思いますが、馬場はぎりぎりまでチェックしたほうがいいでしょう。

 

天気が持つようなら、上がり勝負になると思われます。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ラブカンプー

 

先行:4頭

パクスアメリカーナ

ウォーターパルフェ

エアアルマス

レッドヴェイロン

 

差し:7頭

インディチャンプ

リュウノユキナ

ピースユニヴァース

タワーオブロンドン

アリア

イルルーメ

ダノンスマッシュ

 

追込み:なし

 

ラブカンプーの逃げる展開。

1600mははじめてですが、他に逃げ馬もいないのでハナに拘った競馬をしてくるでしょう。

 

先行馬も少なくペースはスローになりそう。

瞬発力は必須で、前の馬で上がりの使える馬はポイント高し。

 

差し馬も同様で、前が止まらない分、差すなら先週のアーモンドアイとまではいかずとも、豪脚じゃないと厳しいか。

 

 

6. 短評・取捨選択

エアアルマス ◎

前走の勝利は、本レースと同じ舞台。

好位につけて直線は最速上がりで突き抜けた勝ち方とタイムもそこそこ優秀なのが好印象。

相手関係は楽ではないが、同じ競馬ができれば勝ち負けはある。

 

タワーオブロンドン ○

朝日杯FSから久々になりますが、戦ってきた相手が他と違います。

前走は距離が伸びた分、末脚が鈍ったのは気になりますが、それでも能力上位。

 

インディチャンプ ▲

前走の毎日杯は3着に終わりましたが、直線追い込んで最速上がりをマーク。

現状、距離も1600m辺りがあってそう。

位置取りがポイントになりますが、前走を教訓に前を意識してほしい。

 

ラセット △

戦績から左回りが良さそうな印象ですが、前走のきさらぎ賞は中団からしぶとく伸びて3着。

新馬・未勝利と同じく、中団より前で競馬できれば面白そう。

 

パスクアメリカーナ △

前走のこぶし賞で、ケイアイノーテックを抑えたのは素直に評価。

坂のあるコースがどうか。

 

ダノンスマッシュ △

前走のファルコンSでは、上がり2位でしたが7着。

前の馬もそこそこ速い上がりだったことを考えれば、しんどい競馬でした。

朝日杯FSは5着でしたが、中京よりは阪神の方が持ち味の切れが活きそう。見直し。

 

 

 

7. 買い目

オッズ的に複勝で美味しい馬がいないので、本命を軸に単勝とワイドを細々と購入。

 

単勝:⑩ 300円

ワイド:⑩‐⑫ 200円

計:500円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.