スポンサーリンク

【ダービー卿チャレンジ】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想です。

 

過去データには、2011年の阪神開催が含まれていますが、ご容赦ください。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

もう、今月は白旗なので予想のみになります。

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11アデイインザライフ牡757.0北村宏
12レッドアンシェル牡456.5戸崎圭
23(外)キャンベルジュニア牡655.0石橋脩
24グレーターロンドン牡656.5田辺裕
35マイネルアウラート牡756.0柴田大
36テオドール牡554.0吉田隼
47ゴールドサーベラス牡654.0柴山雄
48ミュゼエイリアンセ656.0Fミナ
59ヒーズインラブ牡555.0藤岡康
510ロジチャリス牡657.0池添謙
611ダイワリベラル牡756.0菊沢一
612サンライズメジャー牡956.5田中勝
713マルターズアポジー牡658.0柴田善
714ソルヴェイグ牝555.5三浦皇
815ストーミーシー牡554.0大野拓
816クラリティスカイ牡657.0木幡巧

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-0-0-19/20
2枠 3-0-3-14/20
3枠 0-4-2-14/20
4枠 2-1-1-16/20
5枠 2-2-3-13/20
6枠 0-1-0-19/20
7枠 1-1-1-18/21
8枠 1-1-0-18/20

 

5枠が3着内率トップで35%。続いて2枠、3枠です。

データでは、最内と外枠以外ならといった印象です。

 

 

3-2. 人気・配当

ダービー卿の過去配当

 

1番人気 2-2-0-6/10
2番人気 0-1-3-6/10
3番人気 1-0-0-9/10
4番人気 2-3-0-5/10
5番人気 3-0-1-6/10
6番人気 0-0-1-9/10
7番人気 1-1-1-7/10
8番人気 1-0-1-8/10
9番人気 0-2-1-7/10
10番人気 0-1-0-9/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-1-9/10
13番人気 0-0-0-10/10
14番人気 0-0-0-10/10
15番人気 0-0-0-10/10
16番人気 0-0-1-8/9
17番人気 0-0-0-1/1
18番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気の3着内率は40%と軸として使うには危険な数字。

勝ち馬は8番人気まで、連対なら10番人気まであります。

 

とはいえ、上位の人気・実力が団子状態になるケースが多く、突飛な大穴が馬券に絡むケースは少ないです。

 

上位集団の精査が重要です。

 

 

3-3. 前走距離・レース

3000m 0-0-0-1/1
2970m 0-0-0-1/1
2200m 0-0-0-1/1
2100m 0-0-0-1/1
2000m 0-0-1-11/12
1800m 1-1-4-29/35
1600m 6-7-5-62/80
1400m 3-1-0-19/23
1200m 0-1-0-5/6
1000m 0-0-0-1/1

 

基本は、1600m組が中心。

スプリンター色の強い馬は苦戦傾向にあります。

 

レースなら東風S、阪急杯、東京新聞杯。

サンプルは少ないですが、武庫川Sも好走馬を出しています。

 

東風S 3-3-3-19/28
阪急杯 2-1-0-11/14
武庫川S 2-0-0-2/4
東京新聞杯 1-1-0-15/17

 

 

3-4. 年齢

4歳 3-4-2-33/42
5歳 6-3-5-25/39
6歳 1-1-2-35/39
7歳 0-2-0-21/23
8歳 0-0-1-13/14
9歳 0-0-0-3/3
10歳 0-0-0-1/1

勝利数、3着内率ともに5歳が抜けた存在で、それに4歳が続いています。

6歳以下は厳しい戦いを強いられているので、連軸は5歳以下が妥当かと思います。

 

 

4. 馬場状態

中山は今週からBコースを使用。

先週はペース関わらず、先行有利の傾向だったので、時計が速くなるようなら、その傾向は強くなるかもしれません。

 

週末の天気は良いので、芝は良でできるでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

ミュゼエイリアン

マルターズアポジー

 

先行:7頭

レッドアンシェル

キャンベルジュニア

マイネルアウラート

テオドール

ロジチャリス

ソルヴェイグ

クラリティスカイ

 

差し:6頭

アデイインザライフ

ゴールドサーベラス

ヒーズインラブ

ダイワリベラル

サンライズメジャー

ストーミーシー

 

追込み:1頭

グレイターロンドン

 

マルターズアポジーが逃げれば、後ろに息を入れさせない展開になりそうで、ミドルペース以上は確定。

先行馬も多く、最初のコーナーまで短いのでポジション争いは激化しそうです。

 

消耗戦になる可能性は高く、スピードだけでなく持久力も求められるでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

ヒーズインラブ ◎

オープンに再昇級しての重賞チャレンジ。

2走前に敗れたロジクライが六甲Sを勝利。シンザン記念勝ちがある馬ですから、その馬と0.1秒差ならGⅢくらいなら力は足りると思います。

 

先行馬に強いが数頭いますが、ペースは流れそうなのでこの馬の決め手が活きそう。

 

ストーミーシー ○

重賞でいい脚を使うも結果が残せない馬。

この馬もGⅢなら通用していい。

 

中山は得意とは言えませんが、キャラ的には本命と似たようなタイプなので、直線強襲に期待。

 

グレイターロンドン ▲

昨年の毎日王冠3着を考えれば、今年はもう少し活躍してもおかしくない馬。

前走は先行策を打って撃沈。今回はこの馬らしく後方で脚を溜めれば直線は弾ける。

鞍上も田辺Jに戻れば、前走のようなことにはならないでしょう。

 

レッドアンシェル △

先行馬のこの馬にとって1枠はプラス。

力をつけているのは確かで軽視はできないが、初の中山がどうか。

 

テオドール △

中山巧者ということで一票。

他にも得意な馬はいますが、前走は結構骨っぽいところを相手に0.5秒差なら、やれてもいい。

 

キャンベルジュニア △

昨年の2着馬。それ以降は精彩を欠いていますが、重馬場やコースを理由に考えればここはまだ見限れない?

着順は散々ですが、大きく負けておらず、良馬場の中山ならここは見直し。