競馬を「考える」ブログ

【毎日杯】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

毎日杯の予想です。

 

皐月賞に向けてのローテーションとしては、厳しい日程ですが、昨年はここからアルアインが出てきたレースです。

勝敗の行方もそうですが、レースの内容やレベルにも注意したいところです。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

御覧の通りの結果なので、このレースは予想だけになります。

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ブラストワンピース 牡3 56.0 池添謙
2 2 ノストラダムス 牡3 56.0 和田竜
3 3 インディチャンプ 牡3 56.0 岩田康
4 4 シャルドネゴールド 牡3 56.0 川田将
5 5 ギベオン 牡3 56.0 Dバル
6 6 ウォーターパルフェ 牡3 56.0 酒井学
7 7 ユーキャンスマイル 牡3 56.0 武豊
7 8 テイエムディラン 牡3 56.0 田中健
8 9 マイハートビート 牡3 56.0 松山弘
8 10 アルムフォルツァ 牡3 56.0 浜中俊

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-1-0-9/11
2枠 1-3-0-8/12
3枠 2-1-0-12/15
4枠 1-1-3-12/17
5枠 3-1-1-12/17
6枠 0-1-1-16/18
7枠 0-2-3-15/20
8枠 2-0-2-16/20

 

連対率は断トツで2枠でも、3着はなし。

数字的に安定しているのは5枠の方か。隣の6枠が見劣る以外は、特に差がないように見えます。

 

 

3-2. 人気・配当

毎日杯の過去配当

 

1番人気 4-2-2-2/10
2番人気 2-0-3-5/10
3番人気 1-3-1-5/10
4番人気 0-2-1-7/10
5番人気 1-1-0-8/10
6番人気 1-1-0-8/10
7番人気 1-0-2-7/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-0-0-9/9
10番人気 0-0-0-9/9
11番人気 0-0-1-7/8
12番人気 0-1-0-6/7
13番人気 0-0-0-7/7
14番人気 0-0-0-5/5
15番人気 0-0-0-2/2
16番人気 0-0-0-1/1
17番人気 0-0-0-1/1
18番人気 0-0-0-1/1

1番人気の3着内率は80%。2番人気も50%と上位人気が結果を残しているレース。

 

穴狙いなら、4~7番人気の馬。

1番人気以外の連対率は、そこまで大きな差がないので、上位が頼りなく映るようなら、このあたりを頭に持ってくるのもありかも。

 

しかしながら、配当が示す通り大きく荒れることは少なく、二桁人気は辛い。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2400m 0-0-0-4/4
2200m 0-0-1-7/8
2000m 1-0-4-14/19
1800m 5-6-5-35/51
1700m 0-0-0-5/5
1600m 4-4-0-28/36
1500m 0-0-0-2/2
1400m 0-0-0-4/4
1200m 0-0-0-1/1

 

1600mから1800mだった馬が中心。

それ以外では2000mがそこそこ結果を残しているものの、他は馬券に絡んでいない。

 

傾向としては、きさらぎ賞や共同通信杯で賞金加算に失敗した馬か、シンザン記念やアーリントンCで好走、または好走した馬が狙い目。

 

共同通信杯 4-0-1-3/8
アーリントン 2-2-0-11/15
シンザン記念 2-0-0-2/4
きさらぎ賞 1-2-0-4/7
報知杯弥生賞 1-0-2-4/7

 

 

4. 馬場状態

今朝の発表は、芝が良。

先週の結果を踏まえても、脚質の有利不利はなく展開次第。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:2頭

シャルドネゴールド

ウォーターパルフェ

 

差し:6頭

ブラストワンピース

インディチャンプ

ギベオン

ユーキャンスマイル

テイエムディラン

アルムフォルツァ

 

追込み:2頭

ノストラダムス

マイハートビート

 

逃げ馬もおらず、先行馬も少ないのでペースはスローになるでしょう。

コース形態を考えれば、瞬発力勝負になりそうで、前で競馬するにもある程度仕舞の脚は要求されるレースになりそうです。

 

 

6. 短評・取捨選択

シャルドネゴールド ◎

戦ってきた相手を考えるとこの馬が浮上。京成杯を勝ったジェネラーレウーノと葉牡丹賞ではハナ差の2着。

 

スプリングS3着のマイネルファンロンにも先着していますし、力が出せればここは勝ち負け。

 

ギベオン ○

シャルドネゴールド同様、この馬もフリージア賞でマイネルファンロンを封じて勝利した点を評価。

末脚もあるので、逆転するならこの馬か。

 

ブラストワンピース ▲

前走のゆりかもめ賞は4馬身差の圧勝。

メンバーレベルは評価しずらいですが、この馬も速い上がりが使えるので、上位には食い込みそう。

 

インディチャンプ △

1400m、1600mと短いところを使われていますが、父ステイゴールドなら距離延長はプラス。

レッドサクヤがエルフィンSを勝っているので、この馬も能力はありそう。

 

アルムフォルツァ △

阪神コースを2度使われており、登板するパワーは問題なし。

相手は強くなりますが、決めて勝負になれば3着はある。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.