競馬を「考える」ブログ

【日経賞】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

日経賞の予想です。

 

菊花賞馬のキセキが始動ですが、他にもトーセンバジルなど有力馬が続々登場で、面白いレースになりそうです。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

今週は高松宮杯のみの勝負!

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 アルター セ6 56.0 津村明
2 2 (地)ショウナンバッハ 牡7 56.0 Fミナ
2 3 チェスナットコート 牡4 55.0 蛯名正
3 4 ロードヴァンドール 牡5 56.0 横山典
3 5 ナスノセイカン 牡6 56.0 丸山元
4 6 ノーブルマーズ 牡5 56.0 高倉稜
4 7 トーセンバジル 牡6 56.0 Mデム
5 8 サイモントルナーレ 牡12 56.0 柴田大
5 9 ゼーヴィント 牡5 56.0 戸崎圭
6 10 ピンポン 牡8 56.0 武藤雅
6 11 (地)サクラアンプルール 牡7 57.0 田辺裕
7 12 ガンコ 牡5 56.0 藤岡佑
7 13 アクションスター 牡8 56.0 大野拓
8 14 キセキ 牡4 57.0 Cルメ
8 15 ソールインパクト 牡6 56.0 福永祐

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 2-2-0-7/11
2枠 0-0-2-11/13
3枠 0-1-0-15/16
4枠 1-1-2-13/17
5枠 2-4-1-11/18
6枠 2-2-0-14/18
7枠 1-0-3-15/19
8枠 2-0-2-16/20

 

全体的には内よりも外の方が良さそうな印象です。

ちょうどいいのか、5枠の数字が優秀で2勝、2着が4回あります。

 

 

3-2. 人気・配当

日経賞の過去配当

 

1番人気 4-1-1-4/10
2番人気 1-2-1-6/10
3番人気 0-1-3-6/10
4番人気 3-1-1-5/10
5番人気 0-1-0-9/10
6番人気 1-0-2-7/10
7番人気 0-2-2-6/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-1-0-9/10
10番人気 0-1-0-8/9
11番人気 0-0-0-8/8
12番人気 1-0-0-7/8
13番人気 0-0-0-7/7
14番人気 0-0-0-6/6
15番人気 0-0-0-3/3
16番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気の3着内率が60%とまずまずの成績。

1番人気と2番人気の2頭が3着以内に入るケースもちらほらみられる一方で、どちらも入らない年もあったりと悩ましいレースです。

 

メンバーの能力差をよく吟味したうえで、順当か混戦か判断しましょう。

 

 

3-3. 前走距離・レース

3600m 0 0 1 2/3
3400m 1 0 2/13
3200m 0 0 0 1/1
3000m 0 0 0 5/5
2600m 0 0 0 1/1
2500m 3 4 2 13/22
2400m 3 1 2 14/20
2200m 3 5 1 22/31
2000m 0 0 0 17/17
1800m 0 0 2 14/16

 

大阪杯がGⅠ昇格して今年で2年目。

まだ傾向に変化は見られず、前走が有馬記念や日経新春杯だった馬の好走が目立ちます。

 

今後は、天皇賞・春へのステップとしての役割が大きくなりそうで、ステイヤー色が強くなるのではないでしょうか。

 

有馬記念 3-4-2-6/15
AJCC 2-2-1-12/17
日経新春杯 2-0-2-5/9
京都記念 1-3-0-7/11
ジャパンC 1-1-0-2/4
ダイヤモンド 1-0-2/13

 

 

3-4. 年齢

4歳 4-4-3-22/33
5歳 3-1-3-19/26
6歳 2-2-2-21/27
7歳 1-2-2-22/27
8歳 0-0-0-8/8
9歳 0-1-0-7/8
10歳 0-0-0-3/3

 

若い世代が活躍。ただし、7歳もそこまで数字は悪くないので軽視禁物。

 

 

4. 馬場状態

今朝の発表では芝は稍重。

多少、渋っているようですがお天気は良いので、発走までには良の見込み。

 

展開次第でどの脚質でも勝負できそうですが、馬場の内側は傷んでいるので徐々に差しが有利になるかもしれません。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ロードヴァンドール

 

先行:2頭

ノーブルマーズ

ガンコ

 

差し:9頭

アルター

ショウナンバッハ

チェスナットコート

ナスノセイカン

トーセンバジル

ゼーヴィント

サクラアンプルール

キセキ

ソールインパクト

 

追込み:2頭

サイモントルナーレ

アクションスター

 

ロードヴァンドールが引っ張る展開になりそうですが、先行馬よりも好位で進めたい馬が多いので、ペースは落ち着きそう。

 

道中はゆったり流れて、最終コーナー手前から各馬仕掛けるレースになりそうで、機動力が求められるでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

ソールインパクト ◎

有力馬のほとんどは、ここは試走ならこの馬を本命に推します。

福永Jも理解していると思いますが、しぶとさが魅力の馬で、瞬発力勝負は避けたいところ。

人気どころより前々の競馬ができればチャンスはある。

 

キセキ ○

ここは試走といってもそこはGⅠ馬。完調手前でも勝ち負け。

中山は初めてですが、父ルーラーシップならこなせる。

 

ロードヴァンドール ▲

他に行く馬がいないので、この馬のペースで競馬できそう。

そうなれば、前走のようにしぶとく前残りも可能。

 

トーセンバジル △

ここにきて馬が充実してきたのか、重賞でも好走が続いてるのは評価。

ただ、久々は割引が必要な馬で、今の人気を考えるとどうか。

 

ショウナンバッハ △

2走前あたりから、位置取りに変化がみられ、前走は7着でしたがいい脚は使ってます。

試行錯誤が実を結べば、3着はある。

 

ガンコ △

日経新春杯3着がフロックでないことを証明した前走。

同じ走りができれば食い込みも可能ですが、中山が初めてなのが気になるところ。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.