競馬を「考える」ブログ

【阪神大賞典】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

 

阪神大賞典の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

高松宮杯まで、我慢になります。

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 トミケンスラーヴァ 牡8 56.0 秋山真
2 2 [地]スーパーマックス 牡4 55.0 山口勲
3 3 シホウ 牡7 56.0 小牧太
4 4 カレンミロティック セ10 56.0 池添謙
5 5 コウエイワンマン 牡7 56.0 四位洋
6 6 サトノクロニクル 牡4 55.0 川田将
6 7 レインボーライン 牡5 56.0 岩田康
7 8 クリンチャー 牡4 56.0 武豊
7 9 ムイトオブリガード 牡4 55.0 藤岡佑
8 10 アルバート 牡7 57.0 福永祐
8 11 ヤマカツライデン 牡6 56.0 松山弘

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 3-0-1-6/10
2枠 0-3-2-5/10
3枠 1-1-2-8/12
4枠 0-1-1-11/13
5枠 0-0-1-14/15
6枠 1-3-1-11/16
7枠 2-0-1-14/17
8枠 3-2-1-14/20

 

3着内率でいえば、2枠が50%とトップ。ただし勝ち馬が出てません。

勝率でいえば1枠、8枠です。

 

 

3-2. 人気・配当

阪神大賞典の過去配当

 

1番人気 5-2-2-1/10
2番人気 1-1-1-7/10
3番人気 2-1-2-5/10
4番人気 1-2-1-6/10
5番人気 1-2-3-4/10
6番人気 0-1-1-8/10
7番人気 0-1-0-9/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-0-0-10/10
10番人気 0-0-0-8/8
11番人気 0-0-0-6/6
12番人気 0-0-0-5/5
13番人気 0-0-0-3/3
14番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気は、3着内率90%、連対率70%と信頼度は高め。

とはいえ3連単の配当は、万馬券が続くなど相手選びは慎重にいきたいレースです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

3600m 0-0-0-1/1
3400m 2-2-2-23/29
3000m 0-1-0-4/5
2600m 0-0-0-2/2
2500m 3-5-2-7/17
2400m 3-1-5-19/28
2200m 2-1-1-13/17
2000m 0-0-0-9/9
1800m 0-0-0-3/3
1600m 0-0-0-2/2

 

2500m組の成績が目を引きますが、数値はほぼ有馬記念を経由した馬。

年内始動組なら、日経新春杯、ダイヤモンドS、京都記念、AJCC。

他のオープン特別や昇級組は苦戦傾向で、ここは素直に格を重視して問題ないでしょう。

 

有馬記念 3-4-2-5-14

日経新春杯 3-1-2-6-12

ダイヤモンド 2-2-2-23-29

京都記念 1-1-1-12-15

AJCC 1-0-0-1-2

 

 

3-4. 年齢

4歳 4-5-2-15/26
5歳 3-3-4-16/26
6歳 2-1-1-24/28
7歳 0-0-3-13/16
8歳 1-1-0-7/9
9歳 0-0-0-3/3
10歳 0-0-0-4/4
11歳 0-0-0-1/1

 

ここも中心は4歳と5歳。

6歳以上も馬券対象に含まれますが、10歳はさすがに。。。

 

 

4. 馬場状態

芝は良馬場です。

土曜日の結果だと、先行有利に見えますが、ペース次第で差しも決まっているので展開次第でしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ヤマカツライデン

 

先行:3頭

トミケンスラーヴァ

カレンミロティック

クリンチャー

 

差し:7頭

スーパーマックス

シホウ

コウエイワンマン

サトノクロニクル

レインボーライン

ムイトオブリガード

アルバート

 

追込み:なし

 

メンバーを見た感じヤマカツライデンが逃げ濃厚。

それを見る形でカレンミロティックが続くでしょう。

 

先行馬も少ないので、ペースは落ち着くでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

クリンチャー ◎

京都記念は大金星。フロックでないことをここで証明したい。

本番に向けて、鞍上強化したようですが、個人的にはそのまま藤岡Jにしてやれよと思ってしまう。

 

サトノクロニクル ○

戦績から長距離適正に疑問も、父ハーツクライならこなせるでしょう。

切れる脚がないので、前で抜け出し粘り込みを狙う。

 

ヤマカツライデン ▲

阪神の成績はよいのに、オープン上がってからはこのレースが初めて。

逃げ残り警戒。

 

アルバート △

年齢は7歳になりますが、無尽蔵のスタミナは健在。

初になる阪神を攻略できるかどうか。

 

レインボーライン △

天皇賞・秋3着以降は、結果が出ていませんが、最後の脚は堅実に使っています。

距離は長い気はしますが、ここいらで重賞を。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.