スポンサーリンク

【ファルコンS】2018年 予想

予想予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ファルコンSの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

土曜日は、フラワーCを選択。

このレースは購入しません。

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11ムスコローソ牡356.0津村明
12(外)モズスーパーフレア牝354.0中谷雄
23アシャカデッシュ牡356.0丸山元
24テンクウ牡356.0田辺裕
35カイザーメランジェ牡356.0武士沢
36ドラグーンシチー牡356.0藤岡康
47(外)アサクサゲンキ牡357.0武豊
48フロンティア牡357.0川田将
59ダノンスマッシュ牡356.0戸崎圭
510(外)ミスターメロディ牡356.0福永祐
611アンブロジオ牡356.0横山典
612ヒシコスマー牡356.0荻野極
713タイセイアベニール牡356.0北村友
714ダークリパルサー牡356.0柴山雄
815タイセイプライド牡357.0岩田康
816エールショー牡356.0松若風

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 2-0-1-16/19
2枠 0-1-1-18/20
3枠 1-3-2-14/20
4枠 0-2-1-16/19
5枠 2-2-1-15/20
6枠 1-0-2-17/20
7枠 3-1-1-23/28
8枠 1-1-1-25/28

 

データは3枠が一歩リードで、3着内率30%。

それに5枠、7枠が続きます。

競馬をしやすそうなのは、真ん中よりも外の枠ですかね。

 

 

3-2. 人気・配当

ファルコンSの過去配当

 

1番人気 2-0-0-8/10
2番人気 2-2-1-5/10
3番人気 1-2-1-6/10
4番人気 3-2-0-5/10
5番人気 0-0-3-7/10
6番人気 0-0-2-8/10
7番人気 0-0-0-10/10
8番人気 0-0-1-9/10
9番人気 1-0-1-8/10
10番人気 0-1-0-9/10
11番人気 0-1-1-8/10
12番人気 0-2-0-8/10
13番人気 0-0-0-10/10
14番人気 1-0-0-9/10
15番人気 0-0-0-9/9
16番人気 0-0-0-9/9
17番人気 0-0-0-8/8
18番人気 0-0-0-8/8

 

1番人気の信頼度は低く、2009年以降は高配当を連発。

前評判通りには、いかないレースのようです。

 

軸はあえて2番手、3番手から選ぶのもありかもしれません。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 0-1-0-0/1
1800m 0-0-0-2/2
1700m 0-0-0-1/1
1600m 4-5-7-58/74
1400m 4-4-1-42/51
1200m 2-0-2-41/45

 

前走は同じ1400mの組よりも少し長い1600mだった馬の方が多少有利。

1200m組は苦戦傾向にあります。

 

レースは、オープン特別や重賞を使ってきた馬が中心です。

1600mかつオープン特別・重賞だった馬は注目したいとことです。

 

クロッカスS 2-2-0-19/23

シンザン記念 2-1-0-6/9

アーリントン 2-0-3-14/19

 

上がり最速はあまり必要なく、タフさが求められるコースだけにパワーのある馬を選びたいですね。

 

 

4. 馬場状態

金曜日の発表では、芝は稍重ですが、天気はよさそうなので、発走時には良でできるでしょう。

 

先週の結果を鑑みて、馬場は、ペースが極端に速くならない限り、先行有利の状況は変わらないと考えています。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

モズスーパーフレア

アシャカディッシュ

 

先行:7頭

テンクウ

アサクサゲンキ

フロンティア

ミスターメロディ

アンプロジオ

ダークリパルサー

タイセイブライド

 

差し:5頭

ムスコテソーロ

カイザーメランジェ

ドラグーンシチー

ダノンスマッシュ

タイセイアベニール

 

追込み:2頭

ヒシコスマー

エールショー

 

逃げないとダメな馬はいませんが、モズスーパーフレアやアシャカディッシュの枠を考えるこの2頭がハナを獲りに行きそう。

先行馬も多く、トラックバイアスも働けば、かなり速くなることも想定して予想したいとことです。

 

 

6. 短評・取捨選択

フロンティア ◎

前走の朝日杯FSは、ダノンプレミアムに完敗でしたが、デイリー杯2歳Sや新潟2歳Sの内容は悪くなく、相手関係を考えても、能力は上位評価。

新馬戦では中京コースを勝ってるのもプラス。あとは鞍上の手腕次第。

 

テンクウ ○

前走のジュニアCは、手薄なメンバーでしたが快勝。新潟2歳Sで◎に負けてますが、実力差はない。

 

ヒシコスマー ▲

この馬の場合、重要なのは本人のやる気。あてにしづらいので本命は無理目ですが、前走のクロッカスSを考えれば1400mの方が集中して走れる様子。一発警戒。

 

ダノンスマッシュ △

常に速い脚が使えるのは魅力ですが、父ロードカナロアなのでパワーの面で心配あり。

 

ミスターメロディ △

芝は初めてになりますが、ダート路線の馬も馬券に絡むケースがあるので面白そう。

ダートでの勝ちっぷりがいいので、能力発揮できれば好勝負できるのでは。

 

タイセイブライド △

同じ舞台で新馬勝ちしており、コースは問題なし。戦績から距離もこのあたりが良さそうです。

重賞では力が少し足りない印象ですが、3着はありそう。