競馬を「考える」ブログ

【中山牝馬S】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

 

中山牝馬Sの予想です。

 

ラストランと思われる馬だったり、これをステップにしたい馬だったりと様々です。

勝負気配が高いのは、後者と考えて予想していきます。

 

 

 

1. 今月の収支

一気に半分近く減ってしまいました。

中山牝馬S、なかなか難解なレースではありますがV字回復できるように予想したいと思います。

 

3月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 エテルナミノル 牝5 56.0 四位洋
2 2 トーセンビクトリー 牝6 56.0 田辺裕
3 3 バンゴール 牝6 53.0 石橋脩
3 4 マキシマムドパリ 牝6 56.0 藤岡佑
4 5 キンショーユキヒメ 牝5 53.0 蛯名正
4 6 フロンテアクイーン 牝5 54.0 北村宏
5 7 エンジェルフェイス 牝5 54.0 三浦皇
5 8 ゲッカコウ 牝5 54.0 柴田大
6 9 シャルール 牝6 54.0 内田博
6 10 (地)レイホーロマンス 牝5 52.0 岩崎翼
7 11 ワンブレスアウェイ 牝5 54.0 戸崎圭
7 12 ブラックオニキス 牝4 53.0 松岡正
8 13 オートクレール 牝7 53.0 黛弘人
8 14 カワキタエンカ 牝4 53.0 池添謙

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 0-0-2-17/19
2枠 3-0-3-14/20
3枠 1-1-1-17/20
4枠 1-3-0-16/20
5枠 1-2-0-17/20
6枠 2-1-1-16/20
7枠 1-3-0-16/20
8枠 1-1-2-17/21

 

2011年の阪神開催のデータが混じっていますがご了承ください。

なお、2011年は7枠-6枠-2枠の順です。

 

1枠を除けば大きく内外の差は感じられませんが、枠と脚質は合わせて考えたいですね。

前に行く馬なら内、差し馬なら外目がいいでしょう。

 

 

3-2. 人気・配当

中山牝馬Sの過去配当

 

1番人気 1-2-1-6/10
2番人気 0-1-0-9/10
3番人気 1-0-1-8/10
4番人気 3-2-0-5/10
5番人気 1-0-1-8/10
6番人気 2-0-0-8/10
7番人気 0-1-1-8/10
8番人気 1-1-0-8/10
9番人気 0-0-1-9/10
10番人気 1-1-0-8/10
11番人気 0-0-2-8/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-1-1-8/10
14番人気 0-1-0-9/10
15番人気 0-1-1-7/9
16番人気 0-0-0-9/9
17番人気 0-0-0-1/1
18番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気は、3着内率が40%と少し頼りない。

二桁人気が連に絡むことも間々あり、相手選びが肝要なレースです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2500m 0-1-0-0/1
2400m 1-0-1-1/3
2200m 1-0-0-16/17
2100m 0-1-0-2/3
2000m 5-3-3-33/44
1900m 0-0-0-1/1
1800m 0-1-0-25/26
1600m 3-4-5-43/55
1400m 0-1-0-7/8
1200m 0-0-0-2/2

 

前走が2000mだった馬が5勝。レースは、愛知杯、白富士S、アンドロメダSなど。

次いで1600mが3勝ですが、こちらは京都牝馬S、東京新聞杯、初音S。

 

牝馬限定戦を経由してきた馬の活躍が目立ちますが、オープン特別や重賞で牡馬相手に健闘した馬は注目です。

 

愛知杯 3-1-2-18/24

白富士S 1-0-1-3/5

アンドロメダ 1-0-0-0/1

初音S 1-1-1-10/13

東京新聞杯 1-1-0-1/3

京都牝馬S 1-0-4-23/28

 

 

3-4. 年齢

4歳 2-3-1-51/57
5歳 5-4-4-38/51
6歳 3-4-2-29/38
7歳 0-0-2-11/13
8歳 0-0-0-1/1

 

7歳以上になると成績がガクッと落ちますね。

勝率、3着内率ともに5歳が優秀で、4歳は多少押され気味でしょうか。

 

 

4. 馬場状態

週末の雨で土曜日の中山は重スタート。

天気は回復しそうですが、気温を考えると良までいくかは微妙です。

 

馬場は荒れてきているので、パワーはいるでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

エンジェルフェイス

カワキタエンカ

 

先行:6頭

マキシマムドパリ

ゲッカコウ

シャルール

ワンブレスアウェイ

オートクレール

カワキタエンカ

 

差し:6頭

エテルナミノル

トーセンビクトリー

バンゴール

キンショーユキヒメ

フロンテアクイーン

ブラックオニキス

 

追込み:なし

 

カワキタエンカが逃げる展開になると思いますが、8枠に入ったのが懸念材料。

枠を考えれば、最近は控えることも多いエンジェルフェイスも行く可能性は捨てきれません。

コースを考えれば、スタートからコーナーまでの距離が短いので、速くはなりそうにありませんが、カワキタが出していけば多少前半は速くなりそうです。

 

ペースはミドルペースを想定して考えたいと思います。

 

 

6. 短評・取捨選択

エテルナミノル

前走の愛知杯で重賞初制覇で、勢いはあります。

ただ、中山で良績がないのが気になるところ。

 

トーセンビクトリー ◎

前走のAJCCは牡馬の中で、よく頑張った方だと思います。中山は1勝していると、前走内容からマイナスにはならないでしょう。

昨年の覇者ですが、56キロが嫌われている雰囲気。

力はつけているのでここは中心視。

 

バンゴール △

昇級後、重賞では結果が出ていませんがパワーがある血統。警戒。

 

マキシマムドパリ

前走の愛知杯は、斤量と位置取りに泣きました。

力は上位ですが、中7週以上での成績が良くない。

ラストランなので頑張ってほしいが・・・

 

キンショーユキヒメ ○

前走の敗因は馬体増。出走前のチェックは必要ですが、見限るのはまだ早いと考えています。

前走、前々走はノーカウントとして3走前の府中牝馬Sはペースが向かなかった中で、0.5秒差の6着。

力は持っていそうで、ここは勝負。

 

フロンテアクイーン △

あとひと押しが足りないキャラクターですが、戦績が示す通り力はある馬。

コース替わりもいい。

 

エンジェルフェイス

京都牝馬Sは展開が向いた印象。

フラワーC勝ちが光りますが、ここは見送り。

 

ゲッカコウ △

前走の愛知杯はコースが向かなかった印象。得意の中山で見直し。

前々走の走りができれば、馬券圏内も十分ありと見ます。

 

シャルール △

重賞で2着が2回と力はありますが、近走がぱっとせず。

ただ前走の内容は悪くなく、復調の兆しとも取れなくもない。

 

(地)レイホーロマンス

愛知杯2着で52キロの斤量はおいしいですが、初の中山がどうか。

 

ワンブレスアウェイ ▲

重賞ではなかなか結果を出せていませんが、2走前のターコイズSの脚は良かった。

あとは位置取り次第で、その時の鞍上戻ってリベンジに期待。

 

ブラックオニキス

近走不振のため、きっかけ待ち。

距離やコースは悪くないと思います。

 

オートクレール

今回どういう戦法に出るかですが、結果が出ているときは前につけることができた時。

この枠は割引が必要。

 

カワキタエンカ

この馬も内枠が欲しかったクチで、他に逃げそうな馬が少ないものの強力な先行馬がいる今回はどうか。

前走は前半速かったのが影響して失速。マイペースでいければしぶとい。

 

 

7. 買い目

3連系の馬券は難解なので、ここは本命と対抗のワイド1点です。

 

ワイド:②-⑤ 1,000円

計:1,000円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.