スポンサーリンク

【宝塚記念】2019年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

宝塚記念の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

6月の収支

 

 

2. 馬場状態

土曜日の阪神競馬場は芝、ダートともに良馬場でスタートしましたが、芝は上がりを要しており、力のいる馬場と考えた方がよさそうです。

日曜日の天気は、雨の心配はあるものの、土砂降りはなさそう。馬場の状態は引継ぐことになりそうです。脚質の偏りはありませんが、中団から後ろからでは届かないケースが多く、直線で2列目、3列目くらいにいないと厳しそうです。

 

3. 短評・取捨選択

リスグラシュー ◎

エリザベス女王杯以降は牡馬や世界を相手に好走を続け、馬の状態は充実一途。無論、能力的にはレイデオロやキセキと遜色なし。脚質的に位置どりがポイントになりますが、中団くらいでも競馬はできるようになっているので、あとは鞍上の手腕に期待したいところ。

 

レイデオロ ○

前走のドバイシーマクラシックが6着。少しうるさいところが出てきているようですが、能力を考慮すれば距離短縮となる今回は見限る訳にはいかないでしょう。阪神は崩れていないので、国内戦なら格好は付けたい。

 

キセキ ▲

昨年秋から脚質転換して成績が安定。単騎で自分のペースで運べるかがポイントになります。後述するエタリオウの出方はきになりますが、前に馬を置くよりは行き切ったほうがいいので、嗾けられてもハナは譲らないと見てます。ペースもありますが、大阪杯から200m長くなりますが、内回りなら逃げ粘れる。

 

エタリオウ ★

好走はするものの、迷走している節もありなかなか買いにくい馬です。そのあたりが鞍上が変わることで打破できるかがポイント。今の馬場を考えれば、前走のようなポジションでは厳しいのは周知のことと思うので、今回脚質変換してきそうな予感。

 

アルアイン △

大阪杯でG1を2勝目と、勝ち切れずもどかしい状態から抜け出したわけですが、2200mとなると詰めの甘さが強くなる印象。キセキのペースでスローに落ち着くなら、分が悪い。

 

 

4. 買い目

本命の単勝を購入。

 

単勝:⑪ 1,000円

計:1,000円