スポンサーリンク

【青葉賞】2019年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

青葉賞の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

4月の収支

 

今月も現時点で的中なし。挽回なるか。

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11アドマイヤスコール牡356.0Mデム
12リオンリオン牡356.0横山典
23ランフォザローゼス牡356.0Cルメ
24セントウル牡356.0Bアヴ
35ピースワンパラディ牡356.0戸崎圭
36ウーリリ牡356.0福永祐
47トーセンカンビーナ牡356.0藤岡佑
48ピンシェル牡356.0吉田豊
59タイセイモナーク牡356.0Aシュ
510ディバインフォース牡356.0松山弘
611カウディーリョ牡356.0石橋脩
612アルママ牡356.0柴田大
713マコトジュズマル牡356.0Dレー
714バラックパリンカ牡356.0和田竜
815キタサンバルカン牡356.0大野拓
816サトノラディウス牡356.0三浦皇

 

 

3. 馬場状態

GWに突入も金曜日から天気はぱっとせず。東京競馬場も芝は稍重からのスタートです。

金曜日発表の含水率は、芝のゴール前が17.0%、4コーナーで16.8%で、東京の天気は曇りでも雨量はそこまでなので徐々に乾いていくでしょう。

先週の馬場状態は、見た目にもきれいで良好な状態。時計が速い分、前が有利というよりは東京らしく長くいい脚を使える差し馬が有利のようです。

 

 

4. 短評・取捨選択

キタサンヴァルカン ◎

前走のゆりかもめ賞は体を増やしながらも2着と好走。もともと小柄な馬だけに体がしっかりしてきたことで、素質が開花してきたか。長いところを意識して使われているのでスタミナは他馬よりありそうで、タフな展開になりがちなこのレースに向いているでしょう。

 

ランフォザローゼス ○

前走の京成杯は2着と経験は浅くとも能力はある馬。距離延長はプラスに働きそうで、脚質的にも枠は恵まれた。

 

ウーリリ ▲

2戦目ながら毎日杯を2着したのは血統のなせる技でしょうか。それでも対戦したメンバーに突出した馬がいなかったことも事実で、真価はここで問われるでしょう。兄のマカヒキはダービーを制覇していますが、兄弟ともに距離は長い印象です。

 

アドマイヤスコール ★

前走は厳しい流れの水仙賞を勝利。着差以上の内容だったと思います。前哨戦なら通用しても。

 

ピースワンパラディ △

切れる脚に父ジャングルポケットなら、ここも走りそうですが芝1600m以上の経験がないので距離適性は未知。直線だけの競馬では勝ち切るのは難しそう。

 

5. 買い目

本命の単複を購入。

 

単複:⑮ 500円

計:1,000円

 

6. おまけ

以下のレースの本命&穴馬の予想を公開しています。

ご参考までに。

 

新潟11R 駿風ステークス

中央競馬ランキング