競馬を「考える」ブログ

【阪急杯】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

阪急杯の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

2月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ニシノラッシュ 牡6 56.0 幸英明
1 2 シュウジ 牡5 56.0 福永祐
2 3 ミッキーラブソング 牡7 56.0 松山弘
2 4 ペイシャフェリシタ 牝5 54.0 松田大
3 5 コスモドーム 牡7 56.0 国分恭
3 6 レッドファルクス 牡7 58.0 川田将
4 7 ムーンクレスト 牡6 56.0 荻野極
4 8 (地)ヒルノデイバロー 牡7 56.0 四位洋
5 9 マイネルバールマン 牡4 56.0 和田竜
5 10 ユキノアイオロス セ10 56.0 川島信
6 11 コロマンデル 牡6 56.0 高倉稜
6 12 ディバインコード 牡4 56.0 岩田康
7 13 ダイアナヘイロー 牝5 54.0 武豊
7 14 (外)モーニン 牡6 57.0 浜中俊
7 15 カラクレナイ 牝4 54.0 池添謙
8 16 アポロノシンザン 牡6 56.0 津村明
8 17 (外)モズアスコット 牡4 56.0 Cルメ
8 18 タイムトリップ 牡4 56.0 加藤祥

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 2-3-1-13/19
2枠 4-2-3-10/19
3枠 0-2-3-14/19
4枠 0-1-1-17/19
5枠 0-0-0-20/20
6枠 1-1-0-18/20
7枠 2-1-0-18/21
8枠 1-0-2-18/21

 

1枠、2枠の数字が優秀。勝ち馬は2枠が最多です。

他は、6~8枠から勝ち馬が出ている一方で、3~5枠は出ていないのは気になるところです。

 

3枠のレッドファルクスは、割り引いた方がいい?

 

 

3-2. 人気・配当

阪急杯の過去配当

 

1番人気 2-2-1-5/10
2番人気 3-1-1-5/10
3番人気 1-2-0-7/10
4番人気 2-3-0-5/10
5番人気 0-1-3-6/10
6番人気 0-0-1-9/10
7番人気 2-0-1-7/10
8番人気 0-1-0-9/10
9番人気 0-0-1-9/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-0-1-9/10
12番人気 0-0-1-9/10
13番人気 0-0-0-9/9
14番人気 0-0-0-9/9
15番人気 0-0-0-9/9
16番人気 0-0-0-9/9
17番人気 0-0-0-1/1
18番人気 0-0-0-1/1

 

昨年は大きく荒れましたが、そのインパクトに比べると全体的にはそこまで荒れてませんね。

1番人気は2勝、3着内率は50%と勝ちきれないまでも最低限の仕事はしている印象。

1番人気の取りこぼしを、2~4番人気がさらうパターンです。

 

8番人気以下から、勝ち馬が出ていないのも注目です。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 0-0-0-1/1
1800m 0-0-0-4/4
1600m 3-5-3-46/57
1400m 3-3-5-33/44
1200m 4-2-2-44/52

 

基本は1200~1600mだった馬が中心。

中距離から転向してきた馬は、結果を残せていません。

 

年内のレースなら、東京新聞杯、シルクロードS。

他は、阪神カップ、香港スプリント、京阪杯から勝ち馬が出ているので格が重視される傾向にあります。

 

阪神カップ 3-3-3-12/21

東京新聞杯 2-1-1-12/16

香港スプリン 2-0-0-0/2

シルクロード 1-2-0-21/24

京阪杯 1-0-1-4/6

洛陽S 1-0-0-3/4

 

 

3-4. 年齢

4歳 2-3-7-20/32
5歳 6-3-1-31/41
6歳 1-3-1-38/43
7歳 1-0-0-25/26
8歳 0-1-1-12/14
9歳 0-0-0-2/2

 

4歳が3着内率では抜けていますが、勝ち馬は5歳が断トツ。

6歳は出走頭数のわりに結果は今一つです。

 

 

4. 馬場状態

開幕週の馬場にしては、差しが決まっている印象です。

今朝の情報だと芝は良馬場です。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

アポロノシンザン

 

先行:6頭

ニシノラッシュ

ムーンクレスト

(地)ヒルノデイバロー

ディバインコード

ダイアナヘイロー

タイムトリップ

 

差し:9頭

シュウジ

ミッキーラブソング

ペイシャフェリシタ

コスモドーム

レッドファルクス

マイネルバールマン

コロマンデル

(外)モーニン

(外)モズアスコット

 

追込み:2頭

ユキノアイオロス

カラクレナイ

 

逃げ馬は少ないものの、先行したい馬がそれなりにいるので、ペースは速くなりそうです。

スタート直後はポジション取りで先行争いは激しくなるでしょうが、超のつくハイペースまではならない見立てです。

 

 

6. 短評・取捨選択

ニシノラッシュ

前走で1600万下を卒業。オープンで通用するかが鍵ですが、今回の相手だと少し力不足の印象。

 

シュウジ △

差す競馬が板についてきましたが、前走はハイペースに巻き込まれて失速。

阪神Cを勝った舞台なので、ここは警戒。

 

ミッキーラブソング ▲

シルクロードSは、着順だけ見れば完敗ですが、1400mの成績はよく、昨年も4着しているので、ここは好走可能と判断。

 

ペイシャフェリシタ △

堅実な差しを見せるところは魅力あり。ペースが想定以上に早くなればチャンスが出てくるが、阪神は初めてのコース。多少割引が必要か。

 

コスモドーム

直線は確実に伸びてくるタイプですが、スパッと切れる脚ではなく、直線は長い方が向いています。

 

レッドファルクス ○

昨年のスプリンターズSの勝ち馬ですから、能力は頭1つも2つも抜けています。

久々も問題ないので、出来が8割程度でもこのメーンバーなら勝ちたい。

 

ムーンクレスト

近走は大きく負けていないですが、同型が多いのでレース運びがポイントになるでしょう。

力不足は否めないので、ここは見送りが賢明。

 

(地)ヒルノデイバロー

重賞勝ちまで手が届くところまで来ていますが、どちらかというと使いつつ良化するタイプ。

その点今回は割引。

 

マイネルバールマン

ダートから転向なので、どこまで芝のスピードに対応できるか。いきなりでこのメンバーは難しい。

 

ユキノアイオロス

オープン特別なら一発あるでしょうが、前走の感じだと伸びて届かずの競馬になりそう。

 

コロマンデル

この馬もダートからの転向組。厳しい。

 

ディバインコード △

前走の東京新聞杯は見せ場たっぷりの5着。

切れるタイプではないので、早めに仕掛けて押し切る競馬ができればチャンスはある。

 

ダイアナヘイロー △

叩き2戦目でどこまで変わってくるか。寒い時期は苦手でないので、まだ見限れない。

 

(外)モーニン

芝に変わってもいい脚を使っているので面白そうですが、出番はもう少しレース経験を積んでからだと思います。

 

カラクレナイ

今年に入って確実に復調してきましたが、展開やコースは前走の方がよかったでしょう。

馬券圏内は微妙なところ。

 

アポロノシンザン

このレース逃げ馬の数字はあまりよくなく、逃げ馬はGⅠで結果を残せる器がある馬が好走する傾向にあります。

この馬がそうかと問われると、Noですね。

 

(外)モズアスコット ◎

前走の阪神Cで連勝は止まってしまいましたが、重賞でもやれるめどはついたと考えます。

当時より相手が楽になる分、GⅢくらいなら勝手くれるでしょう。

 

タイムトリップ
NHKマイルで、アエロリットに0.7差と力は持ってそうですが、長期休養明けと相手を考えると、狙い目は次走以降でしょう。

 

 

7. 買い目

本命は人気していますが、1着固定できるほど信頼はできないので、ここは無難に複軸扱い。

 

3連複1頭軸流し:⑰-②③④⑥⑫⑬ 200円

計:3,000円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.