競馬を「考える」ブログ

【フェブラリーS】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

フェブラリーSの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

昨日のダイヤモンドSもダメでした。

残り少ない軍資金で勝負となります。

 

2月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 (地)ニシケンモノノフ 牡7 57.0 横山典
1 2 ケイティブレイブ 牡5 57.0 福永祐
2 3 ノボバカラ 牡6 57.0 石橋脩
2 4 (外)アウォーディー 牡8 57.0 武豊
3 5 サウンドトゥルー セ8 57.0 Fミナ
3 6 インカンテーション 牡8 57.0 三浦皇
4 7 [地]ララベル 牝6 55.0 真島大
4 8 メイショウスミトモ 牡7 57.0 田辺裕
5 9 キングズガード 牡7 57.0 藤岡佑
5 10 テイエムジンソク 牡6 57.0 古川吉
6 11 ロンドンタウン 牡5 57.0 岩田康
6 12 ノンコノユメ セ6 57.0 内田博
7 13 レッツゴードンキ 牝6 55.0 幸英明
7 14 ゴールドドリーム 牡5 57.0 Rムー
8 15 (外)ベストウォーリア 牡8 57 Cルメ
8 16 サンライズノヴァ 牡4 57 戸崎圭

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-0-1-18/20
2枠 3-2-1-14/20
3枠 0-1-2-17/20
4枠 0-1-0-19/20
5枠 0-2-4-13/19
6枠 1-0-1-18/20
7枠 2-3-0-15/20
8枠 3-1-1-15/20

 

外枠が有利な傾向に見えますが、内も優秀。特に2枠は連対率50%とトップタイの成績です。

 

ゴールドドリーム、サンライズノヴァにとっては嬉しい数字。

ケイティーブレイブ、アウォーディーは警戒したほうがいいでしょうか。

 

 

3-2. 人気・配当

フェブラリーSの過去配当

 

1番人気 4-1-3-2/10
2番人気 2-1-2-5/10
3番人気 1-2-2-5/10
4番人気 0-1-1-8/10
5番人気 0-3-0-7/10
6番人気 1-0-0-9/10
7番人気 1-1-2-6/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-1-0-9/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-0-0-10/10
14番人気 0-0-0-10/10
15番人気 0-0-0-10/10
16番人気 1-0-0-8/9

 

基本的に上位人気が中心。

ただし、下位人気の出番がない訳ではなく、荒れるときは極端なレース。

ここ数年は堅い傾向にあるが、今年はどうか。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2500m 0-0-0-2/2
2400m 0-0-0-1/1
2200m 0-0-0-1/1
2100m 1-3-2-8/14
2000m 1-2-3-12/18
1900m 0-0-0-1/1
1800m 6-3-3-32/44
1600m 0-0-0-8/8
1400m 2-2-2-58/64
1200m 0-0-0-5/5
1000m 0-0-0-1/1

 

前走の距離というよりは、どのレースを使ってきたかが重要なようで、馬券になっているのは以下のレース。

他は厳しい。

 

根岸S 2-2-2-51/57

東海S 2-1-1-9/13

川崎記念 2-3-2-8/15

チャンピオンズC 1-1-1-2/5

東京大賞典 0-2-3-9/14

 

チャンピオンズCができてからは、トレンドは根岸S・東海S・チャンピオンズCになりつつある。

 

 

3-4. 年齢

4歳 4-3-1-28/36
5歳 4-2-4-17/27
6歳 2-1-3-32/38
7歳 0-2-2-30/34
8歳 0-2-0-16/18
9歳 0-0-0-4/4
10歳 0-0-0-1/1
12歳 0-0-0-1/1

 

4歳と5歳が中心。

7歳以上は不振も、馬券に絡んだ6頭は実績馬ばかり。

息の長い活躍が目立つダート界において、GⅠを何勝もしているような古豪には警戒が必要。

 

 

4. 馬場状態

東京の天気は晴れ。ダートは良。

乾いた馬場になりそうで、先行有利なこの舞台でも、差し馬にはチャンスがないわけではない。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:3頭

ノボバカラ

[地]ララベル

テイエムジンソク

 

先行:4頭

(地)ニシケンモノノフ

ケイティブレイブ

(外)アウォーディー

インカンテーション

 

差し:8頭

サウンドトゥルー

メイショウスミトモ

ロンドンタウン

ノンコノユメ

レッツゴードンキ

ゴールドドリーム

(外)ベストウォーリア

サンライズノヴァ

 

追込:1頭

キングズガード

ノボバカラがハナを叩くと宣言しているので、実際、ハナを奪えるか分かりませんが、この馬がいくでしょう。

テイエムジンソクは、番手でも問題ないですが、スピードで押し切るタイプなのでノボバカラを見る形で緩めず飛ばさずが理想。

 

先行馬がこれをマークすると思うので、ペースは速くなると考えます。

 

 

6. 短評・取捨選択

(地)ニシケンモノノフ

JBCスプリント馬も1600mは長い。

 

ケイティブレイブ △

中央のGⅠがなかなか勝てないですが、アウォーディーなど他の古豪との勝負付けは前走の川崎記念でできたと考えます。

昨年よりも馬が成長した分、前進は可能なはず。

 

ノボバカラ

この馬も距離が長い。近走成績からも買えない。

 

(外)アウォーディー △

前走の川崎記念では3着と内容的には近走でいい部類に入るのでは。

1600mも東京コースも初ですが、馬の集中力を考えれば短縮はいい方に働きそう。

 

サウンドトゥルー

古豪と言われるようになってからの成績が今一つ。年齢的な衰えは、このメンバーの中で一番感じる馬です。

 

インカンテーション ○

3年前に2着あり。武蔵野Sも勝ったように条件は味方しそう。

ケガに泣かされたものの、ここに戻ってくるというのは能力があってこそ。

休んだ分、消耗が少ないのなら8歳でもまだやれると信じています。

 

[地]ララベル

地方から参戦。格が落ちる分、手は出せない。

 

メイショウスミトモ

近走は交流重賞を回っていますが、GⅠになると力不足。

 

キングズガード ▲

前走の敗因は位置取りが前過ぎて、本来の自分の競馬ができなかったところにあると思います。

確かに、馬場コンディションを考えれば間違った選択ではなかったと思いますが、落ち味が殺されてしまった。

今回は、直線に賭ける競馬をするようなので改めて期待。

 

テイエムジンソク △

東海Sは圧巻の内容でしたが、1600mになってどうか。

ペースが速くなった時に、脚が持つかは微妙なところで、直線の長い東京を押し切れるかは疑問。

 

ロンドンタウン

テイエムジンソクに勝った馬で、舞台が東京になれば面白そう。

それでも、力差を考えれば掲示板までか。

 

ノンコノユメ △

根岸Sで復活V。レコード決着の反動が気になるところですが、脚元に多少でたようですが、まぁ順調のようです。

ただ、前走以上の上がり目は個人的に見込めないと考えています。

 

レッツゴードンキ

ダートは、2年前のJBCレディースC以来。

当時は2着しているので適正は問題ないでしょうが、今回は相手が違いうので厳しいでしょう。

 

ゴールドドリーム ◎

前回の優勝馬にして、昨年のNo.1ダートホースです。

得意の舞台に戻れば、堅実に走ってくれるでしょう。スタートだけが心配。

 

(外)ベストウォーリア

昨年の2着馬。

根岸Sを走ってれば買ってもいいですが。冬場で前走回避はマイナスでしょう。

買いたい人は馬体重をチェック。

 

サンライズノヴァ △

古馬になってから、1600m以上で結果が残せていないのがずっと気になってます。

師走Sは相手関係が楽だったのに2着。ここを勝つまでは信用しない。

 

7. 買い目

金銭的には結構追い込まれていますが、可能な限り攻めます。

ここで外れたら、他のレースはすべて”見”になります(笑)

 

馬連:⑥-⑭ 500円

ワイド:⑭-⑥⑨ 1,000円

計:2,500円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.