スポンサーリンク

【チューリップ賞】2019年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

チューリップ賞の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

先月は的中が1つだけで、回収率は全体で23.1%でした。

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11ダノンファンタジー牝354.0川田将
22マルモネオフォース牝354.0富田暁
33ブランノワール牝354.0藤井勘
44ハニーウィル牝354.0国分恭
45メイショウショウブ牝354.0池添謙
56シェーングランツ牝354.0武豊
57ノーブルスコア牝354.0福永祐
68ブリッツアウェイ牝354.0松山弘
69オーパキャマラード牝354.0松若風
710アフランシール牝354.0岩田康
711サムシングジャスト牝354.0Aシュ
812ドナウデルタ牝354.0北村友
813シゲルピンクダイヤ牝354.0和田竜

 

 

3. 馬場状態

先週は時計が速く、芝は阪急杯を除けば勝ち馬はすべて先行馬。土曜日は稍重スタートですが、時計にどこまで影響するかは午前中のレースを見てみたいところです。

含水率は、金曜日の数値でゴール前は10.2%、4コーナーで12.1%と、個人的には大きく影響しないのではと思っています。

 

4. 短評・取捨選択

ダノンファンタジー ◎

阪神JFよりは楽なメンバーで、本命は揺るぎません。距離はこのくらいまでがギリギリの印象で、オークスよりも桜花賞に照準を合わせるのではと勝手に想像していますが、ならステップレースでもしっかり仕上げてくるでしょう。阪神JFは後方一気でしたが、それまでは好位から差す競馬が多く、逃げ馬にやられるイメージもなし。

 

ブランノワール ○

エルフィンSは2着と勝ち馬の末脚にやられてしまいましたが、人気以上の走りを見せました。立ち回りは上手い馬ながら最後はいい脚を使うので、本命を本気で負かすなら前々で競馬したいところ。

 

シェーングランツ ▲

阪神JFは4着。エンジンのかかりが遅い印象で、本格化もまだ先な気がします。阪神芝1600mの舞台では、まだダノンファンタジーに分があり、逆転まではどうでしょうか。潜在能力は高そうなので能力でどこまで。

 

ノーブルスコア △

今年は既に2戦してオープン特別の3着が2回。力があるところは見せていますが勝ち切れません。劇的な上積みは見込めませんが、今年緒戦の馬が多い中で使われてきた強みはあるはず。権利を意識した競馬をしてくれば3着はあるかと。

 

 

5. 買い目

本命が力では2つ3つ抜けており、それをオッズが反映。単複勝負では付かないので、このレースは見送ります。

 

 

6. おまけ

以下のレースの本命&穴馬の予想を公開しています。

ご参考までに。

 

小倉10R 呼子特別

最強競馬ブログランキングへ

 

小倉11R 早鞆特別

中央競馬ランキング