競馬を「考える」ブログ

【クイーンC(GⅢ)】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

クイーンCの予想をしたいと思います。

 

牝馬クラシックに向けて、重要な一戦となる当レース。

今年は良血馬が何頭か出走し注目を集めていますが、期待にたがわぬ走りを見せてくれるのか、楽しみなレースです。

 

 

 

1. 今月の収支

現在の残金は、以下のとおりです。

日曜日の馬券が散々だったので、このレースの馬券購入は見送りです。

 

2月の収支

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ナラトゥリス 牝3 54 菱田裕二
1 2 フィニフティ 牝3 54 川田将雅
2 3 アトムアストレア 牝3 54 横山典弘
2 4 ハトホル 牝3 54 吉田隼人
3 5 ソシアルクラブ 牝3 54 岩田康誠
3 6 テトラドラクマ 牝3 54 田辺裕信
4 7 キャッチミーアップ 牝3 54 柴田大知
4 8 ロフティフレーズ 牝3 54 内田博幸
5 9 アルーシャ 牝3 54 Cルメール
5 10 マウレア 牝3 54 戸崎圭太
6 11 ライレローズ 牝3 54 北村宏司
6 12 レッドベルローズ 牝3 54 福永祐一
7 13 ツヅミモン 牝3 54 Mデムーロ
7 14 オハナ 牝3 54 石橋脩
8 15 モデレイト 牝3 54 武豊
8 16 マルターズルーメン 牝3 54 柴田善臣

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 0-2-1-16/19
2枠 0-1-3-16/20
3枠 4-1-1-13/19
4枠 0-0-0-20/20
5枠 3-2-2-13/20
6枠 1-2-1-16/20
7枠 0-1-3-16/20
8枠 2-1-0-17/20

 

たまたまなのか、4枠は1度も馬券になっておらず、成績がいいのは3枠、5枠、8枠。

マウレアは、いい枠に入りましたね。

 

 

3-2. 人気・配当

クイーンC 過去配当

 

1番人気 5-1-1-3/10
2番人気 3-1-3-3/10
3番人気 0-3-0-7/10
4番人気 2-0-2-6/10
5番人気 0-2-1-7/10
6番人気 0-0-2-8/10
7番人気 0-1-0-9/10
8番人気 0-1-2-7/10
9番人気 0-0-0-10/10
10番人気 0-1-0-9/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-0-0-10/10
14番人気 0-0-0-10/10
15番人気 0-0-0-10/10
16番人気 0-0-0-8/8

 

1番人気の3着内率が70%と信頼はできる数字。

2番人気も勝率では1番人気に劣るものの、3着内率はどちらも70%です。

片方がコケても、片方が馬券に絡むので、配当は大きく荒れることは少ないようです。

 

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 3-0-0-4-7
1800m 0-0-1-7-8
1600m 7-9-9-86-111
1500m 0-0-0-1-1
1400m 0-0-1-16-17
1200m 0-1-0-13-14

 

前走距離は、1600mだった馬が他を圧倒しています。

多くは、阪神JFとフェアリーSです。

阪神JF組は、着順は関係なさそうですが、二桁着順よりも一桁のほうが好走しています。

 

阪神JF 3-4-2-12 /21

フェアリーS 2-2-3-20/27

 

 

3-4. 年齢

このレースは全馬3歳なので、特に書くことはないですね。

 

 

4. 馬場状態

今朝の発表では、芝は良馬場。

昨日は、差しが決まる印象ですが、先行馬の粘り込みもよく見られました。

後方から直線だけの勝負は難しいようです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:9頭

フィニフティ

アトムアストレア

テトラドラクマ

キャッチミーアップ

ロフティーフレーズ

ライレローズ

ツヅミモン

モデレイト

マスターズルーメン

 

差し:6頭

ナラトゥリス

ソシアルクラブ

アルーシャ

マウレア

レッドベルローズ

オナハナ

 

追込:1頭

ハトホル

 

表立っていく馬がいませんが、押し出されるかたちでツヅミモンが逃げるでしょうか。

前走、前々で競馬をしてきた馬が多く、前は固まりそう。

後ろから行く馬は、捌きの差が命取りになる可能性は高く、鞍上にも注意を払いたいです。

 

ペースはスローになるでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

ナラトゥリス △

ここ3走はいい上がりを使っていて、前走はマウレアと0.1秒差の3着。

力はここでも通用しそうで、人気がないならここは買っておいて損はないでしょう。

 

フィニフティ △

ステファノスの妹にあたります。

楽に勝った前走から非凡な才能を垣間見ることができました。ここでも面白い。

 

アトムアストレア

前走はダート1800mの新馬戦を勝利。芝では他馬に切れ負けしそう。

 

ハトホル

フェアリーSは、後方から追い込んできての4着。

メンバーレベルを考えれば、4着でもあまり評価できませんが、新馬勝ちした東京に戻るのはプラスでしょうか。

 

ソシアルクラブ

前走の阪神JFは、馬体が減りすぎの印象も、勝ち馬には力負け。

ブエナビスタの仔ということで、血統的な能力の裏づけはありそうですが、活躍するにのはまだまだ先のように思います。

 

テトラドラクマ △

フェアリーSでは、人気を裏切る結果になりましたが、大外枠が影響したのも事実。

内容を見ていても、コースも中山よりは東京のほうが合ってそうです。

 

キャッチミーアップ

前走は自己条件で3着。勝ち上がりも時間がかかったので、能力的に足りない。

 

ロフティフレーズ

姉はダートで末脚光るタイプですが、父が違う分、芝適正に振れた印象。

距離は持つと思いますが、重賞のペースでどうか。ついていけるなら前で粘り込みはありそう。

 

アルーシャ △

騎乗停止明けのルメールJが騎乗。

東京に戻って、瞬発力勝負になれば上位も可能か。

 

マウレア ◎

阪神JFを3着とこのなかでは実績上位。直線でもう少しスムーズに捌けていれば2着もあったと思います。

ここは素直に信頼。

 

ライレローズ

前走のフェアリーSは、中団からじりじり伸びて7着。

この手の馬は東京コースが合うこともありますが、勝つにはもう二つ、三つ力が足りない。

 

レッドベルローズ

フェアリーSの3着を含めて、これまでのレース内容は悪くないですが、重賞といってもそこまで価値は高くないのが実際のとことだと思います。

印を回すのは、テトラドラクマだけで十分。

 

ツヅミモン ▲

前走のシンザン記念は、牡馬に交じっての2着。能力はあります。

勝ち馬が一枚上手でしたが、今の東京なら押し切りも可能だと思います。

 

オハナ ○

ここが試金石となりますが、切れ味ならこの馬がメンバーでは1番ではないでしょうか。

新馬戦では重馬場ながら、33.6秒の最速上がり。良馬場ならどれだけ切れるのか期待が高いです。

 

モデレイト

先行してしぶといイメージですが、1600mは距離が長いかも。

 

マルターズルーメン

この馬も勝ち上がりが遅かったので、ここでは厳しいと思います。

 

 

7. 買い目

実際には買いませんが、買うとすれば本命・対抗の馬連、ワイド。

ワイドだと配当が付かないので、買うな厚めに。

 

馬連:⑩-⑭

ワイド:⑩-⑭

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.