スポンサーリンク

【武蔵野S】2018年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。
武蔵野Sの予想です。

 

先週はだいぶやられてしまったので、このレースの購入は見送りです。

予想だけとなります。

 

 

 

1. 今月の収支

11月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11マイネルオフィール牡656.0松岡正
12(地)パルトネルラーフ牡556.0大野拓
23クインズサターン牡556.0四位洋
24サンライズノヴァ牡456.0戸崎圭
35イーグルフェザー牡556.0北村宏
36ラインシュナイダー牡656.0柴田大
47ユラノト牡456.0福永祐
48(外)ルグランフリソン牡556.0武藤雅
59(外)ストロングバローズ牡556.0田辺裕
510ナムラミラクル牡556.0Cルメ
611グレンツェント牡557.0内田博
612クルーガー牡657.0石川裕
713メイショウウタゲ牡756.0酒井学
714モルトベーネ牡656.0蛯名正
815ウェスタールンドセ656.0Cオド
816インカンテーション牡857.0三浦皇

 

 

3. 馬場状態

金曜日9時の時点でゴール前の含水率が5.7%。雨が降ったことで、これを書いているときは稍重。

午前中まで降水確率は40%あるので、馬場の回復は微妙な気がしています。時計は速くなり、セオリー通りなら前が有利になりそうです。

 

 

4. 短評・取捨選択

サンライズノヴァ ◎

昨年のこのレースは12着。個人的には1400mがベストだと思いますが、今年の走りっぷりを見れば昨年とは違うのは明らか。今回は馬場がカギになりますが、最後は間違いなく突っ込んでくる。鞍上も思うところがあるでしょうし、ここで結果が出れば来年のフェブラリーSも楽しみ。

 

ユラノト ○

メンバーの中では注目の上がり馬。3走前のアンタレスSは重賞初挑戦でしたが5着。その後、1400mと1700mで快勝しているので、1800mは少し長く、距離はこれくらいがいいのかもしれません。前走のマリーンSは骨のある相手に勝ってますから、力はありそうです。

 

ウエスタールンド ▲

前走のシリウスSは人気薄でしたが、追い込んで来ての2着。1着のオメガパフュームがJBCクラシックで2着して株が上がっています。ダートに変わって末脚が冴え渡ってきているので、この馬も直線ではいい脚を見せてくれるでしょう。本命より機動力はあるので展開には左右されにくいですが、その反面、長くいい脚を使うというより一瞬スパッと切れるタイプ。初の東京がどうでしょうか。

 

グレンツェント ★

この馬は久々どうこうというより、近走の結果が不満。長期休養で馬がやる気になれば、地力がものをいうか。集中力の問題なら距離短縮はプラスに働きそう。

 

クインズサターン △

秋に入って結果が思わしくないですが、東京は元々走る馬です。これまでは、中団くらいで脚を溜めて押し上げるような形で追い込んで結果を残していますが、もう一度直線に賭ける競馬をしても面白そう。

 

ラインシュナイダー △

馬場悪化が進めば、枠と騎手を考えればこの馬が逃げそう。スピードのある馬なので展開が向けば前残りもあるか。